ビール学

BEERology
ビール学


ビールの発祥から醸造術の進歩まで
ホップの効用、ラガーとエールの違い

現代文明を象徴するビール醸造の歴史。

起源はメソポタミア文明初期にあり、シュメール人が大麦から作った記録が最古とされている。

後に、古代エジプト人にも酒造技法が伝わり、麦原産地の西アジアが正統ビールの発祥地というのが定説になっている。

アマゾン流域の “首狩り族” は毒性のでんぷんを含む植物を噛み砕き、液状化させて飲む習慣があった。

ビールの苦味となるホップの効用、ラガーとエールの違いなど、ビール醸造の発展史を解説。

試飲の機会も (*オンライン登録要)。


S.D. MUSEUM OF MAN, 1350 El Prado, Balboa Park.
phone: 619-239-2001 (I) 
常設展示
10am〜5pm
www.museumofman.org


(2018年2月1日号掲載)