フィガロの結婚

The Marriage of Figaro
フィガロの結婚

フランス革命前夜、恋愛騒動の顛末は
領主階級の横暴を糾弾する風刺歌劇

好色のアルマヴィヴァ伯爵は理髪師フィガロの機転でロジーナと結婚することに。

伯爵夫人となったロジーナだが、最近は伯爵に疎まれ、侍女スザンナを誘惑しようとする夫に憤慨している。

スザンナの婚約者で伯爵の従者フィガロも心穏やかでない。

恋愛模様は周囲の人々を巻き込んで、さらに複雑になる。

伯爵を懲らしめたい夫人は自らスザンナに変装し、伯爵を夜の園に誘う。

偽装工作を知らぬ伯爵とフィガロは …。

モーツァルト作曲による風刺の効いた喜歌劇。


SD OPERA / SD CIVIC THEATRE, 1100 3rd Ave., S.D.
phone: 619-570-1100 (T)
10/20 (土)・10/23 (火)・10/26 (金):7pm、10/28 (日):2pm
$49〜$302
www.sdopera.com


(2018年10月1日号掲載)