Beyond the Lights

United States

  • Genre: Drama
  • Opens: November 14, 2014
  • Runtime: 1 hour 56 minutes
  • Cast: ググ・バサ=ロー、ネイト・パーカー、ミニー・ドライヴァー
  • Director: ジーナ・プリンス=バイスウッド
  • Producer: ステファニー・アレイン、ライアン・カヴァノー 他
  • Writer: ジーナ・プリンス=バイスウッド
  • Distribution: リラティビティー・メディア
  • MPAA Rating: PG-13

Story

人気歌手の苦悩と愛

ステージママ管理の元、新人賞を受賞したノニ・ジーン (バサ=ロー)。輝く外見を持った現実とはかけ離れ、人気へのプレッシャーはノニを崩壊寸前まで追いやっていた。ある日、耐え切れなくなり飛び降り自殺を図ろうとしたノニだったが、若い警官カズ・ニコル (パーカー) に命を助けられる。その後、互いに魅かれあうノニとカズは、恋愛よりも仕事に対する意欲を優先にすべきだと忠告する周囲の者を無視し、急激に恋に落ちていく。しかし、ノニが本当の自分の声を見つけ出し殻を破り、彼女がなるべき真のアーティストとなるための手助けをカズにはできるのだろうか?

Point

“Belle” (‘13) でイギリスの奴隷制度廃止のきっかけとなるヒロインを演じたググ・バサ=ローが、イメージを一新して人気歌手役を演じている。監督は“The Secret Life of Bees” (‘08) のジーナ・プリンス=バイスウッド。ググのステージシーン、歌唱シーンと音楽面でも期待が集まっている作品。恋人役の警官にネイト・パーカー、母親役にミニー・ドライヴァーが出演。製作には黒人系ケーブルTVチャンネルのBET (ブラック・エンターテインメント・テレビジョン) が携わっている。