Black or White

United States

  • Genre: Drama
  • Opens: January 30, 2015
  • Runtime: 2 hours 1 minutes
  • Cast: ケビン・コスナー、オクタヴィア・スペンサー、ジェニファー・イーリー、アンドレ・ホランド
  • Director: マイク・バインダー
  • Producer: マイク・バインダー、ケビン・コスナー
  • Writer: マイク・バインダー
  • Distribution: リラティビティー・メディア
  • MPAA Rating: PG-13

Story

孫娘の親権を争う法廷闘争

エリオット (コスナー) は交通事故で妻を失った男やもめ。出産時に命を落としてしまった娘の代わりに、孫娘のエロイース (エステル) を育て上げてきた。悲しみと格闘する中、孫のアフリカ系アメリカ人の祖母であるロウェーナ (スペンサー) が父親と共に暮らすことを要求してきた時、エリオットの世界は豹変してしまう。エリオットは薬物中毒者のレジー (ホランド) の怠慢が娘の死を引き起こしたと非難していたのだ。親権をめぐる争いに深く巻き込まれてしまったエリオットは、無責任な義理の息子によって自分の孫が育てられるのを避けるため、断固として闘う。

Point

“Reign Over Me” (‘07) のマイク・バインダー監督が “The Upside of Anger” (‘05) に続いてケビン・コスナーと2度目のタッグを組んだファミリー・ドラマ。コスナー演じる男やもめが孫娘の親権を主張して、娘婿やその母親を相手に訴訟を展開。孫娘がハーフで、人種の問題も題材になっており、親権を争う民事裁判だけに終始せず、日常の生活からユーモアを交えた物語に仕上げている。共演には “Zero Dark Thirty” (‘12) のジェニファー・イーリーや “42” (‘13) のアンドレ・ホランドなど。