Delivery Man

United States

  • Genre: Comedy
  • Opens: November 22, 2013
  • Runtime: 1 hour 43 minutes
  • Cast: ヴィンス・ヴォーン、ブリット・ロバートソン、クリス・プラット、ジャック・レイナー
  • Director: ケン・スコット
  • Producer: アンドレ・ルーロー
  • Writer: ケン・スコット、マーティン・プティ
  • Distribution: ドリームワークス・ピクチャーズ
  • MPAA Rating: PG-13

Story

精子提供をした男に533人の子供が発覚?

過去に「スターバック」という仮名で693回の精子提供を行い、その結果として生まれた533人の父親である事が分かった42歳の独身男デイビッド (ヴォーン)。ある日、弁護士を通じて533人のうち142人が、遺伝子上の父親の身元開示を求める訴訟を起こす予定だと知らされる。身元を明かすつもりはないデイビッドだったが、子供のうちの1人が、自分が応援するサッカーチームのスター選手であることを知ると、他の子供たちにも興味が湧きはじめ、正体を隠して会いに行く。そこには、役者志望、ゲイ、薬物依存症から障害を持った子まで、それぞれの人生を生きる姿があった。

 

Point

トロント国際映画祭の観客賞次点やサンタバーバラ国際映画祭の観客賞を受賞し、高い評価を集めたカナダ製作のヒューマンドラマ“Starbuck” (‘11) を、ドリームワークスがリメイクした作品。過去に行った精子提供を通して、533人の子どもの父親であることが発覚した男が巻き込まれる事態を、笑いと涙を交えて描くハートフルドラマ。日本では、カナダ版が『人生、ブラボー!』という邦題で今年1月に公開された。コメディアンでもある俳優ヴィンス・ヴォーンの演技に期待が集まっている。