Diana

United States

  • Genre: Drama
  • Opens: November 01, 2013
  • Runtime: 1 hour 53 minutes
  • Cast: ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェームズ、チャールズ・エドワーズ
  • Director: オリバー・ヒルシュビーゲル
  • Producer: ロバート・バーンスタイン、ダグラス・レイ
  • Writer: スティーヴン・ジェフリーズ
  • Distribution: エンターテインメント・ワン
  • MPAA Rating: PG-13

Story

世界が知らない本当のダイアナ

夫と別居して3年。ダイアナ (ワッツ) は2人の王子とも離れて、寂しい日々を送っていた。そんなある日、心臓外科医のハスナット・カーン (アンドリュース) と出会い、心から尊敬できる男性にやっと巡り逢えたことを確信する。それから1年、離婚したダイアナは、地雷廃絶運動などの人道支援活動で世界中を飛び回る。自分の弱さを知るからこそ弱者の心を理解できる彼女は、人々を癒し、政治をも動かす力を持ち始めていた。一方、永遠の誓いを交わしたハスナットとの愛はゴシップ紙に書きたてられ、彼の一族からも反対される。ダイアナはドディ・アルファイド (アンヴァー) との新しい関係に踏み出すのだが “その瞬間” は刻一刻と迫っていた …。

 

Point

“Downfall” (‘04) でアカデミー賞にノミネートされた、オリバー・ヒルシュビーゲル監督がドイツ人だからこそ踏み込めた王室の裏側と真実。著名人の秘められた内面に迫る手腕が高く評価され、ダイアナを描けるのは彼以外にないと起用された。元々ダイアナに全く興味のなかった監督だが、脚本を10ページ読んで虜 (とりこ) になったと話している。最も魅力的で複雑な性格の持ち主だった、世界中の女性に愛されたダイアナがスクリーンに再来!