Dinosaur 13

United States

  • Genre: Adventure, Comedy, Drama
  • Opens: August 15, 2014
  • Runtime: 1 hours 45 minutes
  • Cast: ピーター・L・ラーソン、ラニース・アーチャー、ジャック・ホナー、スタン・アドルスタイン、ロバート•T•バッカー
  • Director: トッド・ダグラス・ミラー
  • Producer: トッド・ダグラス・ミラー
  • Writer: N/A
  • Distribution: ライオンズゲート
  • MPAA Rating: PG

Story

巨大なティラノサウルス発掘の裏側

古生物学者ピーター・L・ラーソン (本人) とブラックヒルズ協会のチームは、1990年に世界最大の恐竜の化石を発見して「スー」 と名付けた。スーはこれまでに見つかった化石の中では最大で、一生に一度しか発掘できないと言われるほど、ほぼ完全な形で残されていたティラノサウルスだった。しかし、スーの発見・発掘から剖出・整形の過程と、化石の発掘や売買取引の過程に違法性があるとしたFBIによる強制捜査が始まる。やがて裁判で有罪判決を受け、10年間の戦いを強いられた彼らは、自分たちだけではなく、その恐竜を維持するため、そして彼らの自由のために立ち上がる。


 

Point

古生物学者のピーターと彼の仲間が‘90年にサウスダコタ州の荒野で発掘した、最も骨の残存率が高い (80%以上) ティラノサウルスの化石。本作では「スー」と呼ばれるこの化石の発掘後、その所有権をめぐってピーターがFBIに拘束され、土地所有者や古生物学界、果ては国家まで関わる係争に巻き込まれていく展開を追うドキュメンタリー。‘05年に日本で開催された恐竜博に合わせて刊行された日本語版の本 『SUE スー 史上最大のティラノサウルス発掘』 でも紹介されている。