Kill the Messenger

United States

  • Genre: Drama
  • Opens: October 10, 2014
  • Runtime: 1 hours 52 minutes
  • Cast: ジェレミー・レナー、レイ・リオッタ、バリー・ペッパー、マイケル・シーン、アンディ・ガルシア
  • Director: マイケル・クエスタ
  • Producer: ジェレミー・レナー、ナオミ・デプレ 他
  • Writer: ピーター・ランデスマン
  • Distribution: フォーカス・フィーチャーズ
  • MPAA Rating: R

Story

米国政府の実態を暴き、自殺を遂げた記者

ゲイリー・ウェッブ (レナー) は、サンノゼ・マーキュリー・ニュース紙の記者だった。‘89年にサンフランシスコで起きたロマ・プリータ地震の報道で、スタッフの1人としてピューリッツァー賞を受賞。‘96年、同紙に連載した「ダーク・アライアンス」という記事で、80年代にCIAがニカラグアでのゲリラ勢力に対して武器を提供していたことや、米国への麻薬密輸を黙認していた事実を暴いた。この記事が物議を醸し出し、大手メディアから激しいバッシングを受け、第一線を退いたウェッブだったが、政府から命を狙われ、家族が危険にさらされ、自殺に追い込まれていく。
 

Point

アメリカのジャーナリストである、故ゲイリー・ウェッブの波乱に満ちた生涯を描く、実話に基づいたサスペンス・ドラマ。ゲイリーはCIAのスキャンダルを暴露したことで米国内で執拗な批判を受け、2004年に自殺に追い込まれている。享年49歳だった。主役を務めるのは、“Avengers”シリーズのホークアイでお馴染みのジェレミー・レナーで、初めての製作も手がけている。監督は、テレビシリーズ“Dexter”や“Homeland”で名を馳せ、数多く受賞をしているマイケル・クエスタ。