The DUFF

United States

  • Genre: Comedy
  • Opens: February 20, 2015
  • Runtime: 1 hour 50 minutes
  • Cast: メイ・ホイットマン、ロビー・アメル、アリソン・ジャニー、ベラ・ソーン
  • Director: アリ・サンデル
  • Producer: メアリー・ビオラ、スーザン・カートソニス
  • Writer: ジョシュ・A・ケイガン
  • Distribution: ライオンズ・ゲート
  • MPAA Rating: PG-13

Story

女子力アップを目指す女子高生

頭が良くて減らず口、ぽっちゃりタイプの17歳女子高生ビアンカ (ホイットマン) は、陰でみんなに完璧なDUFFと言われている事を知る。DUFFとは、“Designated Ugly Fat Friend”の略で、きれいな女の子たちが自分の引き立て役として連れて行く、容姿が良くない太った友人のことだった。ビアンカは、同じDUFFたちと一緒に学園の女王マディソン (ソーン) を倒して、脱DUFFを目指す。そこで、大嫌いなタイプのイケメン男子ウェズリー (アメル) にお願いして、デートをして見返そうとするが、彼からアドバイスを受けていくうちにビアンカは彼に恋をしてしまう…。

Point

YA小説家コーディ・キプリンガーの同名小説が原作。ヒロインがDUFFであるというのが、年頃の女の子たちには圧倒的なリアリティを持ち、共感を得る設定で話題を集めている。主役はディズニーの“Tinker Bell”シリーズで、ティンカー・ベルの声優をつとめているメイ・ホイットマン。共演には“Blended” (‘14) のベラ・ソーンや、TVドラマで活躍中のロビー・アメル。監督は、“West Bank Story” (‘05) で第79回アカデミー賞短編実写映画賞を受賞したアリ・サンデル。