The Last Stand

United States

  • Genre: Action, Thriller
  • Opens: January 13, 2013
  • Runtime: 1 hour 58 minutes
  • Cast: アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィテカー、ピーター・ストーメア、ジョニー・ノックスビル、ロドリゴ・サントロ、ジェイミー・アレクサンダー、エドゥアルド・ノリエガ
  • Director: キム・ジウン
  • Producer: ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ
  • Writer: アンドリュー・クノアー、ジェフリー・ナックマノフ 他
  • Distribution: ライオンズゲート
  • MPAA Rating: R

Story

最後の砦は町の仲間と奇策
最新鋭の武器を備えた凶悪犯罪集団との戦い

警官殺しの凶悪犯罪者、コルテス (ノリエガ) の極秘移送中に事件は起こった。護送車が襲撃され、コルテスは逃走に成功し、最新鋭の車を操り、時速300キロを超えるスピードでメキシコ国境へと向かう。FBIはパトカー、ヘリ、SWATを総動員して猛追するが、完全に突破され、残すは国境付近の小さな田舎町のみとなる。時代錯誤の銃器しかないこの町では、コルテスを止めることは全く期待できない。全ての望みが消えたかに思えたその時、ロス市警で第一線を退き、今はその町の保安官を務めるオーウェンズ (シュワルツェネッガー) が立ち上がる。最新鋭の武器を誇る最凶犯罪者集団に対し、保安官と彼を慕う仲間たちは結束。辺境の町で、世紀の対決が始まる。

 

韓国の異才、キム・ジウン監督のハリウッド進出作品。ジウン監督は、コミカル残酷劇という独特のジャンルを開拓した “The Quiet Family” (‘98) から、韓国版西部劇 “The Good, the Bad, the Weird” (‘08)、サイコサスペンス “I Saw the Devil” (‘10) など、ジャンルを超えた独自のスタイルで多様な演出を見せてきた。本作も、キム・ジウン監督ならではの演出と、心臓の鼓動が早まるアクションが期待されている。

 

Point

“Terminator 3” (‘03) から10年ぶりとなる、アーノルド・シュワルツェネッガー主演復帰作。カリフォルニア州知事を経て、幾つかの作品でゲスト出演を果たしていたが、世界の人々は主演作を待っていた。10年の沈黙を破ったシュワルツェネッガーは、65歳という年齢を全く感じさせない驚愕のド迫力アクションを披露。年輪を重ねて人間味の深みを増した演技と、スタイリッシュなパワフルさで、まさに唯一無二の存在感を見せつけている。共演には、オスカー俳優のフォレスト・ウィッテカーや “Prison Break” (‘09) のピーター・ストーメアなど。制作は “Transformer” シリーズのロレンツォ・ディボナヴェンチュラが務めている。撮影はネバダ州とニューメキシコ州で行われた。