The Machine

United States

  • Genre: Science Fiction, Thriller
  • Opens: April 25, 2014
  • Runtime: 1 hour 31 minutes
  • Cast: トビー・スティーブンス、ケイティ・ロッツ、デニス・ローソン、ニコラ・レイノルズ
  • Director: カラドッグ・W・ジェームズ
  • Producer: ジョン・ギワ-アム
  • Writer: カラドッグ・W・ジェームズ
  • Distribution: エクセルレーター・メディア
  • MPAA Rating: R

Story

覚醒する最強兵器の人工マシーン

中国と西側諸国が冷戦状態に陥った近未来。科学者のヴィンセント (スティーヴンス) と助手のアヴァ (ロッツ) は、英国国防省の依頼を受け、人間を凌駕 (りょうが) するパワーと情報処理能力を持つアンドロイドの研究をしていた。ある日、中国側の暗殺者によってアヴァは瀕死の重傷を負ってしまい、ヴィンセントは彼女の命を救うため、アヴァの脳のデータをアンドロイドに移植する。すると、次第に人間の感情を学び取り、アヴァが抱いていたヴィンセントへの愛に目覚め始める。しかし、アンドロイドを完全な殺人兵器に改造したい国防省はヴィンセントを監禁し、データを書き換えようとする。

 

Point

“The Pact” (‘12) などのケイティ・ロッツが人間とアンドロイドの一人二役を演じ、機械と人間の融合という壮大なテーマで綴るSFアクション。近未来を舞台に、無敵のアンドロイドが少しずつ人間的感情に目覚めていく過程と、大規模に展開する国家プロジェクトとの摩擦を描く。優秀な科学者を “All Things to All Men” (‘13) などのトビー・スティーヴンスが好演。華麗なアクションはもとより、人間の感情と機械としての使命の間で揺れ動くアンドロイドの姿が切ない。