The Man with the Iron Fists

United States

Story

鋼鉄で覆われた人間兵器の中国拳法

舞台は封建制度下の19世紀中国。武器作りをしている鍛冶屋、ブラック・スミス (レザ) はジャングルの中にある小さな村に流れ着き、過激派の部族に村を破壊する武器を作るよう強いられる。部族の間では覇権争いが勃発しており、やがて彼らが企んでいた戦争が始まる。その争いに巻き込まれてしまったブラック・スミスは、太古の力を借りて自らを人間兵器に変身させる。そして、政府に抑圧された村の仲間たちと自らの命を守るため、鋼鉄で覆われたその体で悪党たちに立ち向かい、敵将のジャックナイフ  (クロウ) たちと闘うことになる。


 

 

Point

カンフー映画を再興させた立役者でもあるクエンティン・タランティーノ監修のもと、ヒップホップ・グループ「ウータン・クラン」リーダーのレザが、初めて監督を務めるカンフー・バイオレス・アクション。レザは主演及びイーライ・ロスとの共同脚本も担当している。サウンドトラックはレザ自身が手がけているが、カニエ・ウェスト、ブラック・キーズ、ウィズ・カリファらゲストも多数参加。レザは、来年公開予定の “G.I. Joe Retaliation” 続編では武道の達人を演じる予定。