The Twilight Saga: Breaking Dawn Part 2

United States

  • Genre: Drama, Thriller
  • Opens: November 16, 2012
  • Runtime: 1 hour 56 minutes
  • Cast: クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー、ビリー・バーク、ピーター・ファシネリ、マッケンジー・フォイ
  • Director: ビル・コンドン
  • Producer: カレン・ローゼンフェルト、ステファニー・マイヤー 他
  • Writer: メリッサ・ローゼンバーグ
  • Distribution: サミット・エンターテインメント
  • MPAA Rating: PG-13

Story

禁断の恋が導く最後の試練
“不滅の子” を守る狼族とヴァンパイア

ヴァンパイアのエドワード (パティンソン) と結ばれ、自らもヴァンパイアに仲間入りしてカレン家の一員となったベラ (スチュワート)。ベラに思いを寄せるジェイコブ (ロートナー) は、ベラとエドワードの娘レネズミ (フォイ) こそがオオカミ族に伝わる “刻印” (運命) の相手だと悟る。永遠に続くかと思われたヴァンパイア VS.オオカミ族の争いに幕が下ろされ、ようやく泰平の時代が到来するはずだった。しかし、3,000年の歴史を持つヴァンパイアの王族ヴォルトゥーリ族は、レネズミがヴァンパイアを全滅させる伝説的存在の “不滅の子” であると確信し、カレン家を抹殺しようと魔手を伸ばす。一方、カレン家は世界中のヴァンパイアを集結させ、オオカミ族も加えて、ヴォルトゥーリ族を迎え撃とうとする。

Point

世界中のヴァンパイアとヴァンパイア王族ヴォルトゥーリとの最終決戦が、大規模なVFXを駆使した驚きの映像とともに展開。原作と異なり、シリーズ最大のアクションシーンを含むクライマックスが明らかになる。“Breaking Dawn” を書き終えた原作者ステファニー・メイヤーは、続編 “Midnight Sun” を12章まで書き進めており、更なる続編も期待されていたが、原稿がネット流出してしまったため、執筆中断という事態に見舞われている。ベラを演じるクリステンは、主演映画 “Snow White” (‘12) のルパート・サンダース監督との不倫騒動があり、パティンソンとは破局を迎えていたが、本作の撮影をきっかけに復縁。今年12月28日に公開される日本へのPRのため訪日したクリステンは、新宿熊野神社で本作のヒットを祈願した。

 

2005年に無名の主婦ステファニー・メイヤーが発表し、瞬く間に大人気となった、人間の少女とヴァンパイアの青年との禁断の恋を描いた小説 “Twilight” シリーズ。世界で1億1600万部の売り上げを記録し、映画シリーズの世界累計興行収入25億ドル  (約2,004億円) を突破するなど、多くの人を魅了してきたラブ・ファンタジー。シリーズ5作目の本作が完結編となる。前作に引き続き、監督を務めるのは “Dreamgirls” (‘06) のビル・コンドン。