Happy People: A Year in the Taiga

United States

  • Genre: Documentary
  • Opens: January 25, 2013
  • Runtime: 1 hour 30 minutes
  • Cast: (ナレーション) ヴェルナー・ヘルツォーク
  • Director: ヴェルナー・ヘルツォーク、ドミトリー・ワシュコフ
  • Producer: ヴェルナー・ヘルツォーク 他
  • Writer: ヴェルナー・ヘルツォーク、ドミトリー・ワシュコフ 他
  • Distribution: ミュージックボックス・フィルムズ
  • MPAA Rating: PG-13

Story

クレジットカードを悪用する詐欺師

ロシアのシベリア地方、タイガ (永久凍土帯の原生林)
地域にある小さな村。そこには、普遍的な価値観と伝統を守り続け、時に優しく、時に厳しいタイガの自然に寄り添うように生きる人々がいる。カメラはタイガの壮大な自然とともに四季を追い続ける。銀色の雪景色…と簡単に語るには過酷すぎるシベリアの厳しい冬、雪解けと草花の芽吹く春。そして、森や村が
やっと緑で彩られる夏。短い夏が終わると、あっという間に秋が訪れる。この村には水道も電話も病院もない。すべてタイガの自然から調達するしかなく、今も昔も変わらずに人々は生活している。

 

Point

シベリア地方にあるタイガ地域で人々の四季の暮らしを見つめたドキュメンタリー。未開の大自然を舞台に追い求めてきたヴェルナー・ヘルツォーク監督らしい新作と思えるが、実は彼は撮影に参加していない。ロシア省庁の資金援助を受けて、モスクワ出身のドミトリー・ワシュコフ監督による単独作で、オリジナルはタイガの四季を1本1時間弱ずつに構成した約4時間のシリーズだった。しかし、そのビデオを偶然見たヘルツォーク監督が気に入り、国際用短縮版として本作が制作された。