Dead Man Down

United States

Story

謎の女に復讐を脅迫される男

ニューヨークの闇の世界を牛耳る、地下犯罪組織の支配者アルフォンス (ハワード)。彼の右腕と呼ばれている男ビクター (ファレル) は、組織メンバーに殺された妻と娘の復讐を企んでいた。ある日、顔に傷のある謎の美女ベアトリス (ラパス) がビクターの前に現れ、彼を誘惑する。彼女はビクターが指揮する組織の上層部の人物に深い恨みを抱いており、その男を殺害するよう彼に脅迫してくる。ベアトリスは彼が以前に殺人を犯した現場を撮影したビデオを所持していた。2人はやがて、感情的な復讐計画を実行させることになる。

 

Point

スウェーデン映画 “The Girl with the Dragon Tattoo” (‘09) で、ノオミ・ラパスをスターに押し上げたニールス・アルデン・オプレヴ監督が指揮を執る犯罪スリラー。独創的なストーリーで、ひねりの効いた展開が楽しめる。主演は “Seven Psychopaths” (‘12) のコリン・ファレルと謎の女を演じるノオミ・ラパス。共演にはドミニク・クーパー、テレンス・ハワードなど人気俳優が揃う。クーパーはファレルの犯罪仲間を、ハワードはファレルを震撼させるギャングのボスを演じている。