Admission

United States

  • Genre: Comedy
  • Opens: March 22, 2013
  • Runtime: 1 hour 57 minutes
  • Cast: ティナ・フェイ、ポール・ラッド、ナット・ウォルフ、マイケル・シーン、グロリア・ルーベン
  • Director: ポール・ワイツ
  • Producer: ポール・ワイツ、アンドリュー・ミアノ 他
  • Writer: カレン・クロナー
  • Distribution: フォーカス・フィーチャーズ
  • MPAA Rating: PG-13

Story

養子に出した息子への償いは…

ポルティア・ネイソン (フェイ) は名門プリンストン大学の真面目な入学担当事務局職員。彼女の元同級生の自由奔放なジョン (ラッド) が経営監督をする高校にリクルート目的で訪問した際、不意を突かれてしまう。ジョンはポルティアに対し、才能に溢れていながら型にはまろうとしない生徒のジェレミア (ウォルフ) が、実はポルティアが秘密で養子に出した息子かもしれないと打ち明けたのだった。ポルティアの感情が高まる中、彼女は入学規則に手を加える。それは、ジェレミアに最高のレールを敷いてやり、自分の罪を償うためだった…。

 

Point

ジーン・ハンフ・コレリッツの同名小説が原作のコメディ・ドラマ。“About a Boy” (‘02) で監督、“Being Flynn” (‘12) で制作などを務めたポール・ワイツがメガホンを取る。主役のティナ・フェイは卓越したコメディ女優で、彼女が企画・脚本・主演したコメディ・ドラマ “30 ROCK” は高い評価を得ている。フェイの役どころは、大学規定の条件をクリアした生徒の適性や才能を評価するアドミッション・オフィス入試で、最終的な合否判定をするアドミッション・オフィサー。