To the Wonder

United States

  • Genre: Drama
  • Opens: April 12, 2013
  • Runtime: 1 hour 52 minutes
  • Cast: ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、オルガ・キュリレンコ、ハビエル・バルデム、チャールズ・ベイカー
  • Director: テレンス・マリック
  • Producer: ニコラス・ゴンダ、サラ・グリーン 他
  • Writer: テレンス・マリック
  • Distribution: マグノリア・ピクチャーズ
  • MPAA Rating: R

Story

永遠に変わらぬ愛を求めて…

ニール (アフレック) はヨーロッパを旅している途上でシングルマザーの欧州人マリナ (キュリレンコ) と出会い、情熱的で真剣な恋愛に陥る。マリナと結婚しようと自分の故郷オクラホマへ戻り、マリナも娘を連れてオクラホマへやって来た。2人の関係はしばらく順調だったが、マリナの滞在ビザが切れる頃になると関係は悪化し、マリナはヨーロッパへ帰ることを余儀なくされる。ニールは幼馴染みで離婚経験者のジェーン (マクアダムス) と再会し、再び恋に落ちる。そんな中、マリナは自分の使命に悩んでいる牧師 (バルデム) と知り合う…。

 

Point

テレンス・マリック監督がブラッド・ピット主演映画 “The Tree of Life” (‘11) から2年ぶりに脚本と監督を担当した、美しい心象風景で綴られるラブストーリー。撮影はオクラホマとパリで行われた。鳥瞰 (ちょうかん) 的な視点からの風景描写の美しさと、その世界観の中で繊細な悲喜の感情を表現する豪華キャストに注目が集まる。ストリングスの効いた流麗で美しい音楽をバックに、台詞はほとんどなく、登場人物の独白 (モノローグ) でストーリーが展開していく。