42

United States

  • Genre: Drama
  • Opens: April 12, 2013
  • Runtime: TBA
  • Cast: チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、クリストファー・メローニ、ライアン・メリマン
  • Director: ブライアン・ヘルゲランド
  • Producer: トーマス・タル、ダリル・プライアー 他
  • Writer: ブライアン・ヘルゲランド
  • Distribution: ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
  • MPAA Rating: PG-13

Story

人種差別に勝った黒人初のMLB選手

大学時代に野球の才能を開花させたジャッキー・ロビンソン (ボーズマン)。人種差別の激しい1946年、ブルックリン・ドジャースのブランチ・リッキー会長 (フォード) は、報道機関、リーグ、そして他の選手からも激しい批判を受けながらも、黒人のロビンソンをメジャーリーガーとして迎える。ロビンソンは試合ではデッドボールを狙われ、控え室でもトイレは白人専用と、相手球団やチームメートからも差別を受け、彼にとって人種差別の壁はとても高かった。しかし、ロビンソンは侮辱されても仕返しをしないというリッキー会長との約束を守り、試合で自分の能力を見せつけていく…。

 

Point

人種差別も露 (あらわ) な1940年代のアメリカで初の黒人大リーガー (MLB) となった、ジャッキー・ロビンソンの伝記映画。ロビンソンは右投右打の二塁手で、1947年から1956年までブルックリン・ドジャースで現役選手として活躍し、1962年にアメリカ野球の殿堂入りを果たしている。ロビンソンを演じるのは “The Kill Hole” (‘12) のチャドウィック・ボーズマン。彼をメジャーの世界へと導いたブルックリン・ドジャースの会長ブランチ・リッキー役に大御所俳優ハリソン・フォードが扮する。