Walking with Dinosaurs 3D

United States

  • Genre: Action, Adventure, Animation, Family
  • Opens: December 20, 2013
  • Runtime: 1 hour 27 minutes
  • Cast: (声の出演) ジャスティン・ロング、ジョン・レグイザモ、ティヤ・サーカー、スカイラー・ストーン
  • Director: バリー・クック、 ニール・ナイチンゲール
  • Producer: マイク・デヴリン、アマンダ・ヒル 他
  • Writer: ジョン・コーリー
  • Distribution: 20世紀フォックスフィルム
  • MPAA Rating: PG-13

Story

一番小さな恐竜が行く遥かなる旅路

7000万年前のアラスカ。厳しい冬を生き抜くため、南へ向かう草食恐竜パキリノサウルスの群れの中に、耳に大きな穴があいた一際小さな身体のパッチ (声・ロング) がいた。彼は大きな兄にはどうしても敵 (かな) わず、自分の居場所を探していた。やがて、生き残りをかけた旅の中で、群れのリーダーである父を亡くし、兄や仲間ともはぐれて迷子になってしまう。巨大な肉食恐竜や自然の脅威と闘いながら、仲間に会うために旅を続けた彼は、様々な危険をくぐり抜けて大人へと成長していく。そしてある日、思わぬ形で兄との再会を果たしたパッチはリーダーをめぐる闘いに挑むことになる …。

 

Point

ネイチャー・ドキュメンタリーに定評のある英BBCが、最新の科学的検証をもとに製作したアドベンチャー。実写と最新のCG技術を組み合わせたリアルな映像と、ジェームズ・キャメロン監督の “Avatar” (‘09) に使用された3D技術が合体。ドキュメンタリー風のリアリティーとアドベンチャーの高揚感を生み出し、太古の地球を旅する恐竜たちを描く。恐竜の群れの大移動は圧巻で、ダイナミックな動きにも目を奪われるが、皮膚の色や質感、仕草や表情などの細部にもこだわりが感じられる。