When the Game Stands Tall

United States

  • Genre: Drama
  • Opens: August 22, 2014
  • Runtime: 1 hours 55 minutes
  • Cast: ジェームズ・カヴィーゼル、マイケル・チクリス、アレクサンダー・ルドウィグ、クランシー・ブラウン、ローラ・ダーン
  • Director: トーマス・カーター
  • Producer: デビッド・ゼロン
  • Writer: スコット・マーシャル・スミス
  • Distribution: ソニーピクチャーズ
  • MPAA Rating: PG

Story

151連勝を記録したフットボールチーム

伝説的アメリカン ・ フットボール監督のボブ・ラドスール (カヴィーゼル)。彼はデ・ラ・サル高校のアメフト部の監督に就任した。弱小で勝利を得ることのないチームだったが、彼は有能な選手を集めて強豪校に鍛え上げる。そして、151連勝させるというアメリカの全スポーツ界の記録を打ち破るような結果を出した。しかし、その連勝が途絶えた時、選手たちには周囲からの非難の声や敗退への絶望感に苛 (さいな) まれ、チームメイトが銃で撃たれる事件に巻き込まれる。さらに、監督は心臓発作で倒れてしまう。これを機に、チームメイトは新たに団結し、もう一度試合に向き合っていく。

Point

全米スポーツ史上最長の151連勝という記録を樹立した、伝説に残るアメリカン・フットボールのボブ・ラドスール監督。彼とフットボールチームの実話を映画化した、チームの成長や愛をテーマに描いたスポーツ・ドラマ。 監督役を演じているのは “Escape Plan” (‘13) のジェームズ・カヴィーゼル。映画監督はサミュエル・L・ジャクソンがバスケットボール・コーチを演じた“Coach Carter” (‘05) などで指揮を執ったトーマス・カーター。撮影はニューオリンズで行われた。