ゆうゆうインタビュー 寺口昌利

79_interview_masa.jpg
 

新装オープンおめでとうございます

79_2_1.jpg ありがとうございます。都市計画に厳しい条例を設けているラホヤという土地柄の影響もあって、工事の認可に2年、施工に2 年という長い歳月がかかってしまいました。その間、お客様には色々とご迷惑をおかけ致しました。新しく生まれ変わったTerra は1 階がサロン、2 階がスクール「 Terra Academy」となっています。今回の改築に当たり、日本で話題の自動シャンプー機2 台を直輸入しました。また、今日本で大流行のヘッドスパも新たに導入しました。傷んだ頭皮や髪を育毛する新感覚のリラクゼーションシステムです。静かな音楽が流れる個室で、心ゆくまでヒーリング効果をお楽しみいただけます。


——美容師としての経歴

79_2_2.jpg 実家が美容室だったこともあり、渡米するために、手に職を付けようと美容の勉強を始めました。最初は気楽に考えていたのですが、想像以上に大変で、朝から晩まで練習しました。美容の世界は本当に奥が深いことを知るに及んで、真剣にヘアスタイリストを目指そうと思ったのです。これらの修業を終えて、21 歳で日本で指折りのカット・スクールに籍を置き、トップで卒業し、23 歳でヘアスタイリストとしてニューヨークへ渡りました。帰国後、自分の店をオープンし、山野愛子氏、シュウ・ウエムラ氏らとともに最年少で日本美容文化賞を受賞しました。そして、94 年に長年の夢だったサンディエゴへ移り住み、99 年にTerra をオープンし、翌年にはAOL の5 つ星サロンに指定されるようにまでなりました。その頃、テレビ朝日のドキュメンタリー番組に海外で頑張る日本人ということで出演しました。現在、当サロンには、口コミでお越しになるお客様が多く、ロサンゼルス、アリゾナ、さらにはニューヨークから遠路はるばるやって来る方もいらっしゃいます。


—— コンセプトについて

79_2_3.jpg 髪型ひとつでも人の印象はとても変わります。ですから、形から入るという方法論はある意味でたいへん効果的です。特に、人生のさまざまなステージで「ハートが動く時、ハートを動かしたい時」には頭で考えるだけでなく、身だしなみに気を使ってみることをお勧めします。先ずは外見から。そうすると、心も自然についてくるようになります。そんなお客様のキレイを引き出し、それを演出するのが僕らの仕事です。技術面では、お客様がご自分でスタイリングしやすいラインに仕上げるように、スタイルの復元性に注意を払っています。誰にでもその人に似合うスタイルがあり、それは年齢によっても変わります。そのためにお客様とのコミュニケーションを大切にしています。


—— スタッフの紹介

79_2_4.jpg現在、Terra には9 名のスタッフがいます。開店当初から籍を置くKira はソフトなラインを作り出すのが得意なスタイリストです。野球少年から美容師に転身した異色のスタイリストYohei、11 月にデビューしたばかりのMasaya と、男性陣も活躍しています。撮影やウエディングを担当するメーキャップアーティストMaki は、かつて化粧品会社マックで働いていた経験もあり、今後、講習会の開催も予定しています。ジェネラルマネージャーのMegumi はコーポレート・アイデンティティをクリエイトするスペシャリストとして活躍しています。そのほか、元ナースでメディカルフェイシャリストのIrina や 2人のアシスタントもスタッフとして働いています。朝5 時からサロンに来てトレーニングを積むなど、全員が毎日それぞれの夢に向かって頑張っています。


——「Terra Academy」について

79_2_5.jpg美容学校を卒業した人やより高いレベルを目指すヘアスタイリストのための美容教育機関です。日本の美容技術は欧米で高い評価を得ていますが、その技術は、時代の成熟とともに日々進化し続けています。世界で通用する美容師を目指す方々に最先端の技術を最高の環境で学んでいただき、世界へはばたく最初の一歩を支援したいと思っています。また、カリスマ美容師を特別講師に迎えるなど、人的コネクションも最大限に活用して日本の美容業界とも連携を保っていく計画です。世界でもトップクラスと言われる日本の技術を、全米そして世界へ向けてアピールしていきたいと思います。オープンは来年の4 月を予定しています。
 

寺口 昌利

生年月日:1966年6月7日
星座:双子座  
出身地:東京  
血液型:A型
家族:妻、娘1人、息子1人
好きな色:白、黒、ブルー
好きな食べ物:寿司、納豆
趣味:サーフィン、ゴルフ、空手
思い出に残る映画:『蒲田行進曲』
座右の銘:「この道にはぐれるな、この道についていけ、この道で人となれ」

(2006年11月1日号に掲載)