にしもと弘美さん 「住宅ローン無料セミナー」開催

にしもと弘美さん 「住宅ローン無料セミナー」開催 11月30日(土)&12月7日(日)10am ...

24 時間放送の「さくらラジオ」が開局2 周年を迎えました

24 時間放送の「さくらラジオ」が開局2 周年を迎えました パワーアップした番組をお楽しみくださ...

サンディエゴ平日補習校の見学会・説明会を実施します。

サンディエゴ平日補習校の見学会・説明会を実施します。12月10日(火)及び11日(水)午後5時よ...

アミゴルフ 月例トーナメント結果発表

アミゴルフ月例トーナメント結果発表 11月3日(日)、The Vineyard at Esc...

アメリカで流行っている日本語の「タトゥー」

ibunka_top7.jpg
 
アメリカで流行っている日本語の「タトゥー」

tatoo_big.gifアメリカでも日本でも若者の間で刺青「タトゥー」が流行っています。小さな模様や愛する人の名前、本格的になると全身に描き切れないくらい入れてる人もいます。

タトゥーは個人的な美的感覚による好みなので、敢えて私はコメントしません。だけど、一つだけ言わせてもらいたい事があります。それは日本語漢字のタトゥーについてです。

先日、公園で何気なく見た10代のアメリカ人の首筋には、なぜか「痛い」というタトゥーが彫られていました。また、NY の知人がスポーツジムで見たという刺青も傑作!!金髪の青年のふくらはぎには、何と「違う」の2文字が …。どう考えても、それは少し違うんじゃないの ———。

異国の言葉を自分の身体にタトゥーとして入れる時は、自分で辞書で調べる努力は惜しまない方がいいと思いました。

やっぱり違うと思う

 

Calendar

野外で鑑賞する彫刻作品

Art of the Open Air野外で鑑賞する彫刻作品 サンディエゴ...

2019 SD ベイ パレード オブ ライツ

2019 SD Bay Parade of Lights2019 SD ベイ...

2020 サンディエゴ 国際自動車ショー

2020 San Diego Int'l Auto Show2020 サンデ...