アメリカ合衆国国勢調査局Steven Dillingham局長の声明:2020年国勢調査における完全で正確な人口計数の実現

 アメリカ合衆国国勢調査局は、2020年国勢調査のデータを収集・処理する業務計画の評価を続けています...

フェアウェイ ゴルフ クラブ

月例ゴルフトーナメントのお知らせ 2020 年度会員募集中 ! フェア...

 「平和とヒューマニティの日2020年」8月5日イベント開催

「平和とヒューマニティの日2020年」8月5日イベント開催 2020年...

ドラマ「半沢直樹」の続編が 8月8日(土)から放送スタート! 大ヒット作映画 「キングダム」も放送!

ドラマ「半沢直樹」の続編が 8月8日(土)から放送スタート!大河ドラマ『麒麟がくる』は8月30日から...

アメリカで流行っている日本語の「タトゥー」

ibunka_top7.jpg
 
アメリカで流行っている日本語の「タトゥー」

tatoo_big.gifアメリカでも日本でも若者の間で刺青「タトゥー」が流行っています。小さな模様や愛する人の名前、本格的になると全身に描き切れないくらい入れてる人もいます。

タトゥーは個人的な美的感覚による好みなので、敢えて私はコメントしません。だけど、一つだけ言わせてもらいたい事があります。それは日本語漢字のタトゥーについてです。

先日、公園で何気なく見た10代のアメリカ人の首筋には、なぜか「痛い」というタトゥーが彫られていました。また、NY の知人がスポーツジムで見たという刺青も傑作!!金髪の青年のふくらはぎには、何と「違う」の2文字が …。どう考えても、それは少し違うんじゃないの ———。

異国の言葉を自分の身体にタトゥーとして入れる時は、自分で辞書で調べる努力は惜しまない方がいいと思いました。

やっぱり違うと思う

 

Calendar

ダイアル M を廻せ!

  Dial M for Murder 電話のベルは殺害指令の合図 サス...

アンネ・フランクについて語るとき…

  What We Talk About ... A. Frank ユダ...

2020 サマーフェスト/ラホヤ音楽協会

  2020 SummerFest / La Jolla Music So...