「みなと学園」の小学部入学式、幼稚部入園式が開催されました

担任の先生から名前を呼ばれ、一人ひとり元気よく返事ができました


去る4月9日(土)、「みなと学園」 の 「第44回小学部入学式」 および 「第8回幼稚部入園式」がマディソン高校(借用校)のパフォーミング・アーツ・センターで行われました。

3年ぶりの「対面」での入学・入園式となりました。


午前10時15分、温かい拍手の中、かわいい新入園児24名、そして、ピカピカの小学1年生45名が元気に入場。

日米国歌斉唱の後、担任の先生から名前を呼ばれ、一人ひとり元気よく返事をしました。

4月から新しく赴任された澤邊正人校長先生の式辞に続き、国本尚理事長があいさつ。

次に、保護者を代表して野村尚史PTA会長がお祝いの言葉を述べました。


中学部・高等部の入学式、そして始業式は、新型コロナウイルスの感染防止のため各教室に分かれて、同日午前9時からトランシーバ―を使用して行われました。


中学部1年生と高等部1年生は、担任の先生から一人ずつ名前が呼ばれ、みんな大きな声で「はいっ!」と、元気に返事をしました。

児童生徒たちは、新しい先生との出会いと進級の喜びに目を輝かせていました。


令和4年度のみなと学園は新入園児24名、小学1年生45名のほか、中学1年生40名、高校1年生24名が入学し、新年度を迎えました。