平成29年秋の叙勲受章者が発表されました

平成29年秋の叙勲受章者が発表されました

当館管轄地域では2氏に授与されます

キティ・サンキ氏
テルマ・プレス氏

11月3日(日本時間)、日本政府は、平成29年(2017年)秋の叙勲受章者を発表しました。

当館管轄地域関係者では次の2氏に対して授与されます。

キティ・サンキ氏 【旭日双光章】
  Kitty Sankey (女性・70歳)
  カリフォルニア州ロサンゼルス市在住
  功労概要:アメリカ合衆国における日系人の地位向上及び日本・アメリカ合衆国間の友好親善に寄与
 
  キティ・サンキ氏は東京生まれの日系3世。

  沖縄米軍基地内のクバサキ高校を卒業した後カリフォルニア大学ロサンゼルス校で学士号を取得。

  平成21年に引退するまでロサンゼルス統一学区にて教員を務めました。

  教師として働く一方で、日系コミュニティにも積極的に参加しています。

  正義感が強く、日系コミュニティ内で指導的な立場をとりつつ、第二次世界大戦時の日系人強制収容に対する米政府からの謝罪を求め、活発に活動しました。

   南加日系商工会議所、南加日系婦人会、日系オプティミスト・クラブ、日系アメリカ人市民同盟(JACL)ダウンタウンロサンゼルス支部等、ロサンゼルスの主要な日系団体において活発に活動しており、日系人及び在留邦人の絶大なる信頼を勝ち得ています。

  また、平成4年より、日本人や日系人社会の親善や福祉向上、日米間の理解促進などに資する活発な活動を行い、在ロサンゼルスの代表的な日系団体である南加日系商工会議所に入会。

  平成28年の会頭就任は、女性として初めてということだけではなく、英語を母語とする会長の誕生という意味でも画期的でした。

  平成18年より南カリフォルニアにおける日系婦人相互の親睦活動、社会福祉活動を積極的に実施し、日系婦人の地位向上に多く寄与している南加日系婦人会に参加。

  平成20年より今日に至るまで副会長を務めています。

  また、日系コミュニティ内の親善及び子供達の健全な育成を目指す日系オプティミストクラブ(JAO)において平成17年から現在に至るまで青少年部門の副会長も務めています。

テルマ・プレス氏 【旭日双光章】
   Thelma Press (女性・90歳)
   カリフォルニア州サンディエゴ市在住
   功労概要:日本・アメリカ合衆国の相互理解の促進及び友好親善に寄与
  
  テルマ・プレス氏は、当時英国領だったインドのダージリンで生まれ、インドのカトリック大学であるロレト大学に進学し、マザー・テレサとして広く知られるコルカタの聖テレサの下で地理学を学びました。

  昭和20年、第二次世界大戦終戦後に船で渡米した際、悲惨な戦争の残骸とともに、子供たちが難民キャンプでの生活を強いられている光景に触れ,「大人の罪のために子供たちが処罰を受けるべきではない。

  できることはどんなことでもしたい」と世界平和に対する強い決意を抱くようになりました。

  同人の強い意志と情熱、ボランティア精神、未知な分野へ積極的に取り組む姿勢は、多くの人々を引き付け、後に米国における姉妹都市提携のパイオニアとなっていきました。

  同人の長年に亘る功績が称えられ、全米国際姉妹都市協会からは、平成21年にルース・橋本賞が授与され、平成24年には同協会の最高の栄誉である世界全権大使に任命されました。

  また、平成23年には、カリフォルニア国際ビジネス大学より同人の国際関係分野における功績を称え博士号が贈呈されました。

  同人がこれまでに受賞した賞は62に及びます。

   平成6年からサンディエゴ日本友好庭園の維持・管理を行うサンディエゴ日本友好庭園協会の理事となり、平成25年から現在に至るまで第一副委員長を務めています。

  平成27年にオープンした稲盛パビリオンを含む拡張事業において、日本の伝統がより忠実に再現できるよう、資金調達から設計面等,多岐に渡る会議のメンバーとして活躍しました。

  サンディエゴ日本友好庭園では、お正月、桜祭りなど年間を通して日本の季節感のある展示、イベントが活発に継続して開催され、全世界から庭園を訪れる人々に対して日本文化の紹介・普及のため現在も日々尽力しています。


Consulate General of Japan at Los Angeles, Consular Section
350 S. Grand Ave., Suite 1700
Los Angeles, CA 90071
phone:  213-617-6700
www.la.us.emb-japan.go.jp


(2017年11月16日号掲載)