幾千粒のことば〜宝石と書の展示会〜

東京日本橋三越前で『幾千粒のことば〜宝石と書の展示会〜』開催

サンディエゴ在住のジュエリーデザイナー濱田敏明さんと日本の楽書家 今泉岐葉さんによるコラボレーション


来る3月8日(木)〜11日(日)午前11時〜午後7時、 東京日本橋三越前の「ギャラリーイマサ」にて「幾千粒のことば〜宝石と書の展示会〜」が開催されます。

日本の楽書家の第一人者である今泉岐葉さん、そして、サンディエゴ在住のジュエリーデザイナー濱田敏明さんによる、コラボレーションが実現しました。

今泉さんは、宝石からインスピレーションを得た言葉を書に表現、そして、濱田さんは今泉さんの書をジュエリーとして完成させ、期間中、展示販売いたします。

今泉岐葉さんは、楽書家という商標登録をとって16年、伝統書道とアートを融合させ、幅広く活動しています。

サンディエゴのジュエリーストアEhime Pearlのオーナーでもある濱田さんは次のように話しています。

「この度、類まれなコラボレーションが実現しました。18Kゴールドにて、楽と侍、そして夢の3点。

輝く楽書もご覧いただけます。二人とも毎日在廊します。

東京にお住まいのお友だちやご家族の皆さまに案内頂ければ幸いです」。


日時 :3月8日〜3月11日 11時〜19時
会場: ギャラリーIMASA (東京都中央区日本橋本町1-2-8日本橋三越から徒歩3分)
090-2104-0789 濱田まで


(2018年3月1日号掲載)