航空機の移動・牽引業務の実証実験

航空機の移動・牽引業務への新技術活用に向けた実証実験を開始

空港における働き方改革、「作業負荷の軽減」と「教育訓練の効率化」を目指します

ANA グループは、新しい技術の活用を通じて、空港におけ る地上支援業務のSimple & Smart 化を目指しており、その取り組みの一環として、今般、航空機の移動・牽引業務への新技術活用に向けて、羽田空港の駐機場において、実証実験を開始いたしました。

10 月上旬からは、整備訓 練専用の退役機(ボーイング737-500 型機)を使用して、格 納庫と駐機場所の間における移動・牽引業務の実証実験を 行います。

現在ANA グループでは、航空機牽引車両を使用し航空機 の移動・牽引業務を行っていますが、本実証実験では、小型機(ボーイング737 型機)を対象に、運転席がなく、リモートコントロール式のコントローラー操作を通じて航空機 の移動・牽引を行うことが可能なドイツmototok 社製の機器 (Spacer8600)の検証を行います。

当該機器はコントローラーで操作するため、従来の牽引車両と比較して、広い視野を確保できることに加え航空機の車輪 の向きなどを間近で確認できるため、より平易に移動・牽引 業務を行うことが可能となります。

このため、業務 従事者の作業負荷の軽減、および、短期間での教育・訓練 で業務習熟が可能になることが期待されています。

実証実験では、当該機器の性能や安全性・操作性などを検 証するとともに、業務従事者の教育訓練の効率化について も検証します。

実証実験で得られる結果をベース に、2020 年までの本機器の導入を見据え、現行の規定・基準、資格体系との整理を進めるとともに、大型機の移動・牽 引業務への適用拡大に向けて、継続的に調査研究を行います。

ANA グループは、今後も新しい技術を積極的に取り込み、「人と技術の融合・役割分担の見直し」を通じて空港におけるイノベーションを推進し、誰にとっても簡単で働きやすい職場の実現を目指しています。


All Nippon Airways, Co. Ltd.
phone: 1-800-235-9262
www.fly-ana.com


(2018年10月16日号掲載)