ロサンゼルス-東京線60 周年記念セレモニーを実施

ロサンゼルス-東京線60周年記念セレモニーを実施

日本航空 (JAL) は、5月29日、ロサンゼルス-東京線の就航60 周年を祝うセレモニー を、ロサンゼルス国際空港のトム・ブラッドレー国際線ターミナルで実施した。

ロサンゼルス発J L061 便の出発前に行われた記念セレモニーでは、JAL 植木義晴会 長の挨拶のほか、ロサンゼルス・ワールド・エアポートCOO のSamson Mengistu 氏が 祝辞を述べた。

東京〜ロサンゼルス線の初便は、1959年5月28日、午後10時30分、DC-7C 型機が東京国際空港(羽田)を出発、ホノルルを経由し、翌5月29日ロサンゼルス国際空港に到着した。

現在は、ボーイング777-300ER 型機で、ロサンゼルスから成田への直行便が毎日運航。

共同事業パートナーであるアメリカン航空による運航便とあわせ、ロサンゼルスから成田へ2 便、羽田と関西へそれぞれ1 便ずつ、計4便を毎日運航し、ロサンゼルスと日本を結んでいる。(*1)

JAL の中島喜一ロサンゼルス支店長は、次のように話している。

「日本の航空会社とし て初めてロサンゼルスと日本を結んで以来、60年間安全に運航させていただくことが出来ました。ご搭乗いただきましたお客さま、支えていただきましたロサンゼルスの皆さまに心から感謝申し上げるとともに、これからも多くの皆さまにご利用いただき、愛され続 ける路線となるよう、社員一同弛まぬ精進を重ねてまいります」。


(*1)JAL は、ロサンゼルス-成田線およびロサンゼルス-関西線にて、アメリカン航空とのコードシェア便を運航。
アメリカン航空は、ロサンゼルス-成田線およびロサンゼルス-羽田線にて、JAL とのコードシェア便を運航している。



(2019年6月16日号掲載)