国勢調査に日本語で回答するのは、これまで以上に簡単です

⚫️ 2020年国勢調査に関する改定情報

 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国勢調査局は4月13日、議会に対し、
国勢調査の回答期限を2020年10月31日とするようにという延長要請を発表しました。

 

 更に、国勢調査局は議会に対し、以下に挙げる2020年国勢調査活動に関する主要な日程の改定を承認するように要請しました。

 

  • 2020年8月11日~10月31日:国勢調査員が戸別訪問を開始し、住人に対し質問票への記入を支援する。(改定前は5月13日~7月31日)

  • 2020年10月31日:国勢調査に回答できる最終日(改定前は8月14日)

  • 2021年4月31日:州人口を大統領に提出する(改定前は2020年12月31日)

  • 2021年7月31日:各州に対して区画改定データを伝達する(改定前は2021年4月1日)

 現在までに7000万世帯が国勢調査への回答を済ませており、これは国内全世帯の約半分に当たります。

 

国勢調査の案内通知は先月、全世帯に郵送されました。
まだ回答を済ませていない世帯に対しては、今月中に紙の調査票が送付されます。

 

⚫️ 国勢調査に日本語で回答するのは、これまで以上に簡単です

 多くのコミュニティが市または州レベルで閉鎖状態にありますが、2020年国勢調査はオンラインで回答できます。

デスクトップコンピューター、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットを使用して回答するか、あるいは電話またはメールで回答してください。

誰でも、国勢調査員に会うことなく、自分で回答できます。

詳しくは、2020CENSUS.GOV/jaにアクセスしてください。

 

 電話での回答をご希望の場合、国勢調査局では、カスタマーサービス担当者が14言語の直通電話(日本語:844-460-2020)で対応しています。

番号にかけて保留になった場合、かけ直しのオプションをご利用頂くと、最も確実にカスタマーサービス担当者とお話し頂けます。

どうぞかけ直しのオプションをご利用ください。

このオプションでは、コールセンターのすべての担当者が他の電話に対応しているときに、メッセージを残すことができ、

その後、国勢調査員が折り返しかけ直して2020年国勢調査の回答を処理します。

(2020年5月1日号に掲載)