2020年国勢調査処理に関する最新情報

代行局長のロン・ジャーミン氏が2021年2月2日に投稿したブログ(英語)によると、アメリカ合衆国国勢調査局は2020年国勢調査の初回の結果を2021年4月30日に完了する予定です。

発表される初回の結果には、国、州 (state)、コロンビア特別区、およびプエルトリコの総人口が含まれます。

州 (state)の総人口データは、アメリカ合衆国下院で各州 (state)の議席数を決定する際に使用します。

これらの結果には人種や民族別の内訳はまだ含まれませんが、統計は将来発表されるデータに含まれる予定です。


ジャーミン氏は、国勢調査局が2020年12月31日までにこれらの結果を発表することを望んでいたと語っています。

COVID-19のパンデミックとデータ処理中に検出された問題を解決するのに時間がかかり予定が遅れました。

問題の多くは大量のデータを処理する際に「一般的に」見られるものであり、また他の問題はパンデミックによって悪化したと説明しています。

問題のいくつかは、コミュニティの人口数に大きな影響を与える可能性があるため、ジャーミン氏は、国勢調査局が発見したすべての問題を注意深く調査し、修正していると述べています。

また彼は、アメリカ合衆国国勢調査局の目標は、完全で正確な、米国に住むすべての人を数える国勢調査を作成することであると断言しています。


ジャーミン氏はまた、アメリカ合衆国国勢調査局は、外部専門家の分析を含む、2020年国勢調査の質に関する最新情報を提供し続けると述べています。

これらの努力は、2020年国勢調査の前例のない舞台裏を国民に知らせ、2020年国勢調査結果の信頼をより一層高めると語っています。


確認になりますが、2021年1月に署名された大統領命令 (英語のみ) に従い、議員数割り当てのために作成するデータに市民権や移民ステータスに関する情報を含めることはありません。

国勢調査局では、区画改定のための2020年国勢調査データに、市民権や移民ステータスに関する情報を含める計画はありません。

さらに国勢調査局は、2021年1月12日に、2020年国勢調査に関する米国人口の移民ステータスに関するあらゆる作業を中止しました。

2021年1月21日発表の最新ステートメント (英語のみ) をご覧ください。