3年ぶりに「みなと学園」の運動会が開催されました

午前は幼稚部と小学部、午後は中学部と高等部、コロナ感染未然防止の観点から密をできるだけ避け、今年度は二部制で実施しました

6月25日(土)、澄み渡った青空の下、「第42回みなと学園運動会」がMadison高校ベースボールグランドで実施されました。

今年は二部制のため、午前の部は8時45分に開会式がスタート。

日米国家斉唱の後、コロナ前最終の運動会であった3年前優勝の紅組より、優勝杯が返還されました。

続いて、澤邊校長先生の開会宣言の後、国本理事長より「皆さん、日本の運動会を楽しんでください」とお話があり、その後、白組紅組の応援団長が力強く選手宣誓をしました。


競技は、「徒競走」を皮切りに、「台風の目」「親子体操」「GOGOお玉とフラ旋風」「ダンス」「玉入れ」「障害物競走」「大玉転がし」「紅白対抗リレー」など13種目の熱戦が繰り広げられました。

午前の部では幼稚部のダンスと小1.2年生のダンスがとてもかわいらしく、大きな拍手を受けていました。


また、午後の中学と高校の部では、「棒引き」「全員リレー」「借り人障害物競争」「転がれ!団子虫」など8種目が実施されました。

午後の部では、今年度限定の中3生と高等部合同の応援パフォーマンスが迫力いっぱいで、大歓声に包まれていました。

午前の部の結果は342対272、午後の部は155対118点と、両方とも紅組が優勝となりました。


 なお、運動会の詳細は8月16日号の『ゆうゆう』でご覧いただけます。

(2022年8月1日号掲載)