米国医務総監および医療専門家が語るCOVID-19ワクチンの接種状況について: 「私たちなら、できる!」

Vivek Murthy医師、Adelaida Rosario医師、および千原晋吾医師が、COVID-19ワクチンの安全性に関する見解を日系コミュニティと共有しました。

 

バイデン・ハリス政権は、COVID-19ワクチンの信頼性を高め、ワクチン接種を奨励するために、全国民に向けた教育的キャンペーン「私たちなら、できる」を立ち上げました。

その活動を支援する一環として、TDW+Coは米国保健社会福祉省と共同で、6月10日(木)、アジア系アメリカ人、ハワイ原住民、太平洋諸島系(AANHPI)のメディアを対象としたプレスブリーフィングをオンラインで開催しました。


プレスブリーフィングでは、様々な州から参加した医療専門家がパンデミックについてそれぞれの体験を語り、さらにCOVID-19ワクチンの接種状況に関して信頼できる最新情報を紹介しました。

特別講演者して、米国保健社会福祉省医務総監のVivek H. Murthy副提督(医学博士)、米国保健社会福祉省医務総監室のAdelaida M. Rosario中尉(博士)およびバージニア・メイソン病院(ワシントン州シアトル)感染症内科の千原晋吾医師(医学博士)をはじめとする地域の医師らが参加しました。


質疑応答ではリアルタイムで質問を受け付け、COVID-19ワクチンの安全性と有効性、新型コロナウイルスから安全に身を守り、さらなる感染拡大を防ぐ方法、AANHPIが直面する医療格差などについて、医療専門家が質問に答えました。


COVIDは何百万というアメリカ人に多大な苦しみをもたらしましたが、COVID-19ワクチンは多くの家族やコミュニティに希望を与えています。

6月10日現在、CDCの報告によると、米国に住む1億7200万人がワクチン接種を完了しています。このうち、アジア系(非ヒスパニック)は少なくとも6.1%、ハワイ原住民・太平洋諸島系は0.3%、すなわち推定626万人が最低1回はワクチンを接種していることになります。

米国保健社会福祉省の軍医総監、Vivek H. Murthy副提督は、「米国内だけでも、既に3億回以上のワクチン接種が行われました。

それに伴い、ワクチンに関する膨大なデータが集積されています」と述べ、こう続けました。

「このことから、2つのことがわかります。1つ目は、ワクチンはCOVIDの感染予防に極めて有効であるということ。2つ目は、ワクチンの安全性は非常に高い、ということです。」


AANHPIコミュニティは、今回のパンデミックで、言葉の壁、コンピュータ技術の不十分な理解、誤った情報の流布、ワクチン自体やその背景にある科学的事実に対する誤解などが原因で、COVID-19およびワクチン接種に関する情報を入手するうえで特有の課題に直面しました。


「科学者として、AANHPI人口を詳細に分析したデータが不足している点が最も懸念されます」と米国保健社会福祉省軍医総監室のAdelaida M. Rosario中尉は述べました。

「AANHPIの構成人口は多様です。それを反映したデータが十分にないと、社会経済、医療、インターネットへのアクセスなどに起因する格差の実態を正しく把握できません。

その結果、私たちAANHPIコミュニティは必要な情報を得られず、疎外感を強めています。」



参加した医療専門家らは、家族や大切な人、地域社会を守るために、CDCのガイドラインおよびかかりつけ医の指導に従って、できるだけ早くワクチンを接種することが大切だと同意しました。

現在、12歳以上なら誰でもCOVID-19ワクチンを接種できます。

ワクチンについて疑問を持つのは当然だが、COVIDワクチンの安全性と効果は実証されています、と参加した医師たちは述べ、信頼できる人と納得できるまで話し合うことを勧めました。


また、COVIDワクチンによる長期的な副作用はまずない、という点でも医師たちの意見は一致しています。

千原医師は「長期的な影響はゼロに近い」と述べ、さらに「基礎疾患のある方も、COVIDにかかった方が重症化する確率が高くなるので、利益と不利益を考えるとワクチン接種を勧めます」と続けました。


「ワクチンの安全性と有効性は繰り返し証明されています」と千原医師は続けます。

「ワクチンを打つことで自分を守るだけでなく、家族や職場など周りの人を守ることになります。

また、重症化や死亡する可能性が減るだけでなく、万が一罹患しても軽症で済み、さらに周りにうつす確率も、ワクチンを打っていない人と比較して格段と下がります。

より多くの人がワクチンを打ち、社会レベルで免疫力をつけることにより、パンデミック前の日常により早く近づけます。」


「COVIDにかかると、若い人は軽症で済むかもしれませんが、実は長期に不快な症状(倦怠感や集中力の低下など)が続くことがあるため、ワクチンを打って、そもそもCOVIDにかからないようにすることが大切です。

ワクチンを打って、そのような長期的な症状が発生した例もありません」と千原医師は強調しました。

当日は、千原医師が参加した日系メディアパートナー向けのセッションの他に、中国系(広東語および北京語)、フィリピン系、韓国系、ハワイ原住民および太平洋諸島系、南アジア系、ベトナム系コミュニティ向けに個別セッションが行われ、各言語の医師が全米から参加しました。

医師たちは、それぞれの地域が抱える懸念に対応し、ワクチンの安全性と有効性に対する人々の認識を高めるために、事実に基づいた情報を提供しました。


ワクチンの詳細について

ワクチンを接種する前に、必ずかかりつけ医に相談してください。

より詳細な情報が必要な場合は、信頼できる地域のリーダーに相談しましょう。

インターネットにアクセスでき、オンラインで情報を検索できる場合は、CDCのような信頼できる情報源にアクセスするか、またはvaccines.govにアクセス、あるいはお住まいの郵便番号を438829にテキスト送信して最寄りのワクチン接種会場を検索してください。

「私たちなら、できる。」




「私たちならできる」キャンペーンについて

HHSが展開しているCOVID-19に関する全国民向け教育的キャンペーン(wecandothis.hhs.gov)は、COVID-19ワクチンに対する国民の信頼性と接種率を高めるための全国的な取り組みです。



About We Can Do This

報道関係者向け連絡先:

Stella Hill

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

213-718-7617

 

講演者略歴

 

ビベック・H・マーシー 医学博士 経営学修士(Vivek H. Murthy, MD, MBA)

公衆衛生局長官、中将

米国保健福祉省

ワシントンDC

ビベック・H・マーシー博士は、2021年3月、米国上院にて第21代公衆衛生局長官として再任することが確認されました。

公衆衛生局長官の使命は、国民の医師として、入手可能な最善の科学的情報に依拠し、公衆に対して明確で一貫したガイダンスとリソースを提供し、もっとも脆弱なコミュニティに確実に手を差し伸べることによって、信頼を回復することです。

マーシー博士は米国公衆衛生局士官部隊の中将として、医療サービスのもっとも行き届かない脆弱な人々に国内外で役務を提供している軍属の専任公衆衛生オフィサー6,000名を指揮しています。

 

アデライダ・M・ロサリオ 博士(Adelaida M. Rosario, PhD)

公衆衛生局長官室、補佐官

米国保健福祉省

ワシントンDC

アデライダ・M・ロサリオ博士は、行動と社会的および文化的決定要因との結び付きを研究しており、さらにこれらの要因がさまざまなマイノリティグループのコミュニティにとって健康面での格差にどのような影響を及ぼしているかについて研究しています。

ヒスパニック系および太平洋諸島民の人々と協力し、これらの要因がどのように幼少期の発達、メンタルヘルス、危険行為、HIV/AIDSの予防、物質乱用に関係しているか調査を続けてきました。

ロサリオ博士は、生物医学分野および連邦政府機関の職員における多様性を高める取り組みや共同研究に数多く携わっています。

ロサリオ博士はフロリダ国際大学(FIU)で社会福祉学の博士号、グアム大学で太平洋ミクロネシア研究の修士号、さらにFIUで宗教学を副専攻し心理学の学士号を取得しています。

 

 

ティム・ワン(Tim Wang)

創業者&社長

TDW+Co

ワシントン州シアトル 


ティム・ワンは、TDW+Coの創業者&社長であり、同社は多様なコミュニティの内部にプラスの社会的影響を誘起する意義深い対話を作り上げていくことに心を砕く、使命感に満ちたコミュニケーション代理店です。

ティムは代理店の事業や成長全般にわたってビジョンと方向性を示す最高戦略責任者、クリエイター兼営業トップとして、シアトル、ロサンゼルス、ニューヨークを拠点とする3か所の事務所で、戦略事業、クリエイティブ事業、メディア事業、顧客事業の分野で活躍する30名超のチームを率いています。

同氏は、コミュニティの奥深い洞察をうまく活用した何百ものキャンペーン案件を指揮してきた経験があり、全米各地、18言語にわたり、生活に影響を与えるキャンペーン活動を実現してきました。

同氏の多文化コミュニケーションと人々に手を差し伸べるかのようなキャンペーンは全米で認められるようになり、アジア系アメリカ人広告連盟(3AF)、エフィー賞、全米広告主協会多文化優秀アワード(ANA Multicultural)をはじめとする業界のクリエイティブな表彰コンテストの数々で受賞しています。

今日もまた、ティムは強力で持続可能な組織文化を構築し、一貫してTDW+Coの使命、ビジョン、そして価値を実現させていくべく、情熱を燃やしています。

楽しみは、4歳の息子エリヤと過ごす時間であり、母校パシフィック・ルーザラン大学でカレッジ バスケットボールの選手であったことから今でも熱心なバスケットボールプレイヤーとして活動的に過ごしています。

 

千原 晋吾, MD


感染症内科

バージニア・メイソン病院

ワシントン州シアトル

千原晋吾医師はワシントン州フェデラルウェイのバージニア・メイソン病院に勤務する感染症専門家。

医師として22年間の経歴を有する。

1999年に山梨医科大学を卒業。

現在、セント・マイケル病院(ブレマートン)およびバージニア・メイソン病院に所属。