San Diego News サンディエゴ発ニュース

ガガンボ、今年もSDで大量発生?

蚊に似た足長昆虫、実はハエの一種

2019年6月1日


晩春から夏にかけて、大型の蚊のような外見をした、足の長い虫 (*写真) が浮遊しているのを見かける。

実は、この虫は蚊ではなく、昆虫分類では「ハエ目」(双翅目=そうしもく) に属するクレインフライ (crane fly) という蠅の一種。

日本ではガガンボ、カトンボ、またはアシナガトンボと呼ばれている。

ガガンボは人を刺したり、血を吸うことはなく、無害な虫。

光に誘導される性質があるので、民家の照明に引き寄せられ、夜になると屋内に集まってくる。

2017年夏にサンディエゴ郡でガガンボが大量発生した背景には、南カリフォルニアを襲った冬季の異常降雨の影響があり、植物の急成長を促し、平年以上に各種昆虫の出現に拍車をかけた。

今年4~5月は平年を下回る低温が続き、春季のガガンボの姿はあまり目立たなかった。

だが、サンディエゴ郡当局によると、気温が上昇する夏季には2017年と同様に大量発生が見込まれるという。

むしろ警戒すべきは、西ナイル熱、ジカ熱、デング熱などのウイルスを媒介する蚊の脅威だ。


(2019年6月16日号掲載)

SD都市圏の大気汚染度、全米ワースト6位

オゾンの安全基準値超過日数による評価

2019年5月15日


公益財団法人・結核予防協会 (American Lung Association=ALA) が4月末に発表した2015〜17年期の「大気汚染状況報告書」によると、サンディエゴ都市圏 (オーシャンサイド〜サンディエゴ〜チュラビスタにわたるサンディエゴ郡沿岸部) の汚染度は全米都市圏の中でワースト6位となり、“America’s Finest City” の名にふさわしくない評価を受けている。

米国では「光化学オゾン汚染」と「大気粒子状物質汚染」が2大公害とされる。

ALA報告書における各都市圏の大気汚染度ランキングは、スモッグ度を示す連邦基準のオゾン測定値の結果によるもの。

「8時間基準」でオゾン値が測定され、時間帯内の平均値が安全基準 (濃度 8 ppm) を超過した日数を記録して汚染度を決定する。

オゾンはガソリン等の化石燃料、ドライクリーニング溶剤、塗料などから発生する蒸気と車両が排出する窒素化合物が、夏と秋の強い日光により化学反応を起こして生成され、子どもや高齢者、肺病やがん患者に深刻な影響を及ぼす。

汚染度の高い空気を吸い込むと、咳、息切れ、喘息 (ぜんそく)、肺炎などを引き起こす。

2015~17年期の統計報告によると、SD都市圏が喘息や肺病患者に危険なオゾン値を記録した日 (オレンジ・デー) は年平均で45日。

だが、呼吸器系疾患を持つ人に加えて幼児や高齢者にも影響を及ぼす警告日 (レッド・デー)、一般人の健康を害するオゾン濃度を記録した非常事態の日 (パープル・デー) はなかった。

米国では「大気汚染防止法」 (The Clean Air Act) が制定された1963年以降、全米の大気汚染が改善されてきた。

しかし、ALA報告書は、米人口の約半数に相当する1億4100万人がオゾン量の高い、不健康な生活環境に置かれていると指摘する。

また、ALA報告書は、2017年に地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」の離脱を表明したトランプ大統領を厳しく批判。

早急に連邦予算を計上してエアークオリティーの改善策に取り組むよう求めている。

大気汚染のワースト5都市圏 (いずれもカリフォルニア州) は以下の通り。

① ロサンゼルス、② バイセリア、③ ベーカーズフィールド、④ フレズノ〜マデラ〜ハンフォード、⑤ サクラメント、⑤ ローズビル (同じく5位)。

一方、ベスト3都市圏は ① アンカレジ (アラスカ州)、② バンゴー (メーン州)、③ ベリンガム (ワシントン州)。


(2019年6月1日号掲載)

メキシコへの送還継続容認

米連邦高裁、移民政策めぐり

2019年5月9日


サンフランシスコの連邦高裁は5月7日、トランプ政権が1月に導入した、難民申請中の不法移民をメキシコに送還して待機させる制度について継続を認める判断を下した。

法律に違反していると撤回を求めて提訴した人権団体などは、連邦最高裁に上訴するとみられる。

制度は「移民保護手続き」 と呼ばれ、トランプ政権の不法移民に対する不寛容政策の一環。

メキシコ政府によると、米当局はこれまで中米諸国などの出身者約3,200人をティフアナなどメキシコの国境の町に送還。

今後さらに送還する方針を示している。

人権団体などが2月に提訴。

連邦地裁は4月、一時差し止めを命じる仮処分を出したが、連邦高裁は政権の緊急申し立てを受け入れ、仮処分を凍結、審理していた。


(2019年6月1日号掲載)

ニューヨーク、はしか大流行

サンディエゴでは感染者報告されず

2019年5月8日


全米で麻疹の流行が拡大している。

米疾病対策センター (CDC) によると、2018年の全米の患者は前年の3倍超の372人。

今年はさらに増え、4月上旬の時点で既に465人に達した。

特にNY州が多く、NY市ブルックリン地区の一部とNY市郊外にあるユダヤ人が暮らす地域に集中している。

NY・タイムズ紙などによると、流行は昨年10月ごろから始まった。

ユダヤ教の祭りに参加するため、はしかが流行していたイスラエルを訪ねた超正統派の家族の子供たちが感染して帰国したとみられる。

ユダヤ教の超正統派は、子供の教育で教義を最優先したり、割礼の習慣をかたくなに守るなど、しばしば地元当局とも対立。

外部からの干渉を極端に嫌い、予防接種の実施率は平均より大幅に低いという。

CA州では4月下旬の時点で38人の患者が確認されている。

SD郡では2017年以来、はしか患者は出現していない。

だが、CA州伝染病予防局SD支部が発表した統計によると、今年4月末時点で陽性と判断されていない “潜在的患者” は8人を数えたほか、感染が疑われる受診者も26人に上った。

これらの兆候から、SD郡で陽性患者が確認されるのは時間の問題のようだ。


(2019年6月1日号掲載)

パウェイのユダヤ教会堂で発砲、死傷者

CA州の19歳男を拘束、憎悪犯罪か

2019年4月29日


サンディエゴ郊外のパウェイ市のシナゴーグ (ユダヤ教会堂) で4月27日午前、男が押し入り銃を発砲した。

地元警察によると、60代の女性1人が死亡、男性のラビ (指導者) や少女 (8) ら計3人が負傷した。

警察は容疑者の白人の男 (19) を逮捕、憎悪犯罪 (ヘイトクライム) とみて捜査している。

米メディアによると、男は反ユダヤ主義の考えや襲撃を示唆するメモを残していた。

エスコンディドのモスク (イスラム教礼拝所) で3月に起きた放火の犯行を認めるメモも発見。

放火で負傷者はいなかったが、3月にニュージーランドのモスクで50人が死亡した銃乱射に関する落書きが現場で見つかっていた。

米メディアによると、27日はユダヤ教の祝祭「過ぎ越し祭」 (Passover) の連休最終日に当たり、シナゴーグには信者約100人が集まっていた。

男は十数発を発砲し、居合わせた非番の国境警備当局者が応戦した。

男は車で逃走したが、その後警察に電話で居場所を伝え、拘束された。

半自動小銃を所持していた。

昨年10月にもペンシルベニア州ピッツバーグのシナゴーグで11人が死亡する銃撃事件が発生しており、ユダヤ人社会は警戒を強めている。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターの3月の世論調査では、トランプ氏が大統領選で当選した2016年後半に比べ、ユダヤ人が差別されていると感じる米国民の割合が急増。

同氏の差別的言動が反ユダヤの白人至上主義者をあおっているとの見方が強い。

  国連のグテレス事務総長は28日、パウエーでの発砲事件に 「深い懸念」 を表明し 「われわれは反ユダヤ主義や、いかなる形の憎悪にも結束して立ち向かわなければならない」 との声明をツイッターに出した。

イスラエルのダノン国連大使も声明で「反ユダヤ主義が頭をもたげ、犠牲者を出し続けている」と指摘した。

「今こそ行動と断固たる戦いの時」だとした上で「憎悪の力が暗黒の歴史をよみがえらせるのを許すような、弱々しく空虚な非難」だけでは不十分だと訴えた。

*写真はイメージ


(2019年5月16日号掲載)