なでしこジャパン、1分け2敗の成績

なでしこジャパン、1分け2敗の成績

4か国対抗、SD会場で豪州に敗れる

2017年8月4日

サッカー女子の国際親善大会、米国、日本、オーストラリア、ブラジルの4か国対抗戦第2日は7月30日、サンディエゴのクアルコム・スタジアムで行われ、日本代表「なでしこジャパン」はオーストラリアに2-4で敗れた。

世界ランキング6位の日本は前半6分にCKをつないでFW田中美南 (たなか・みな/日テレ) が先制ゴール。

しかし、その後は同7位の豪州のパワーとスピードに振り回され、FWサマンサ・カーに前半だけでハットトリックされて1-3で折り返した。

後半もPKで加点され、終了間際にFW籾木結花 (もみき・ゆか/日テレ) が1点を返すにとどまった。

米国は4-3でブラジルを下した。

日本は8月3日、カリフォルニア州カーソンで行われた最終戦で米国と対戦し0-3で敗れた。

日本は世界1位の米国に序盤から攻め込まれる場面が続き、前半に先制点を献上。

後半も反撃できず2失点し、1分け2敗で大会を終えた。

米国は2勝1敗。

豪州はブラジルに6-1で大勝して3戦全勝。

ブラジルは1分け2敗だった。


(2017年8月16日号掲載)