SD発プエルトバヤルタ直行便、3月就航

SD発プエルトバヤルタ直行便、3月就航

メキシコの人気観光地、サウスウエスト航空

2017年11月15日

© robert cicchetti

サウスウエスト航空は来年3月10日に、サンディエゴからメキシコ中部のプエルトバヤルタへの直行便を就航する。

プエルトバヤルタはハリスコ州沿岸部にあるリゾート地で、サウスウエスト航空によると、サンディエゴ市民の間ではメキシコのリゾートとしてカボサンルーカスに次ぐ人気だという。

プエルトバヤルタへの直行便は毎週土・日曜に1便ずつ週2回、年間を通して運航される。

同地への直行便はアラスカ航空も運航している。

サウスウエスト航空は今年4月25日、カボサンルーカスへの玄関口、ロスカボス国際空港を結ぶ毎日運航の直行便も就航しており、同路線を利用するメキシコへのツーリストの増加が見込まれる。

サウスウエスト航空は来年4月8日に、日曜のみ1便のエルパソ直行便の就航を予定。

また、同航空は今年6月より、ボイジー (アイダホ州) とソルトレークシティ (ユタ州) の直行便を毎日運航し、ニューアーク (ニュージャージー州)、スポケーン (ワシントン州)、インディアナポリス (インディアナ州) への季節限定の直行便も就航した。

ニューアーク直行便は需要増が見込まれていることから、毎日運行となる見通し。


(2017年12月1日号掲載)