サンディエゴは交通マナーの悪い街?

サンディエゴは交通マナーの悪い街?

飲酒運転の摘発多く、全体ワースト5位

2017年11月18日

保険料調査などを手掛けるオンライン会社「クオートウィザード」が発表した、都市別の自動車運転マナーランキング (2016年統計) で、全米75都市圏中サンディエゴが総合ワースト5位の低い評価を受けた。

この統計は交通事故発生率、スピード違反、飲酒運転、他の交通違反の摘発の4つのカテゴリーに基づいて、総合と各項目のランキングを決定するもの。

一般的にCA州のドライバーは運転マナーが悪いと言われる。

クオートウィザードのランキングでもワースト10の中に州内の5都市圏が顔を出した。

総合ワースト1の不名誉な評価を受けたのは州都サクラメント。

75都市圏中で最多の交通違反チケットが発行され、飲酒運転による事故件数も多い。

CA州南部では、カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール (CHiPs) による飲酒運転の取り締まりが他地域より強化されており、このカテゴリーではサンディエゴがワースト2位、ロサンゼルスがワースト9位となっている。

全体ランキングでのベスト1はデトロイトだった。

クオートウィザードによると、ランキングが下降するほど、その地域の自動車保険料が上昇する傾向にあるという。


(2017年12月1日号掲載)