パドレス牧田投手「長所を生かせたら」

パドレス牧田投手「長所を生かせたら」

西武から大リーグ移籍で記者会見

2018年1月6日

プロ野球西武からポスティングシステムで大リーグ、パドレスへの移籍が決まった牧田和久投手 (33) は1月10日、埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見に臨み「無事に決まって、ほっとしている。

アンダースローというなかなかいない投手なので、長所を生かせたらと思う」と抱負を語った。

貴重な下手投げの右腕は新天地でも救援陣の一角に期待されているようで「パドレスはそこまですごく強い (チーム) というわけではないが、若手が多く、やりがいがあるチーム」と言う。

レンジャーズからも獲得の話があったそうだが、パドレスは野茂英雄氏がアドバイザーを務め、斎藤隆氏もフロントに在籍し「分からない部分が多いのでサポートしていただけるのは大きい。環境的にいいと思った」と決め手を挙げた。

今オフの日本選手のポスティング移籍は、日本ハムからエンゼルス入りした大谷翔平に続いて2人目。

関係者によると、パドレスから西武への譲渡金は50万ドル (約5700万円) という。

(2018年2月1日号掲載)