パドレスの牧田和久投手、堂々の初陣

パドレスの牧田和久投手、堂々の初陣

無安打/無失点、ペトコに響く大歓声

2018年4月1日

パドレスの牧田和久投手が3月30日、メジャーリーグでのデビューを果たした。

初陣はピンチでめぐってきたが、地面ぎりぎりから浮き上がるような球を繰り出して切り抜けた。

1点リードの5回2死一、三塁。

本拠地サンディエゴのペトコパークに「マキタ」の名前がアナウンスされた。

打席には昨季30本塁打のドミンゴ・サンタナ。

それでも、牧田は「もっと緊張するかと思った」と堂々としていた。

得意の高めの直球で強打者を遊ゴロに打ち取ると、地元ファンの大歓声が球場に響いた。

6回も続投した。

四球の走者を出したが、次打者を注文通りに遊ゴロ併殺打に仕留めた。

初仕事を終え、「気持ち良かった」と笑顔が出た。

チームは9回に5点を奪われて敗れた。

だが、グリーン監督は「マキ (牧田) がとてもいい仕事をしてくれた」と信頼を寄せていた。

グリーン監督は状況と相手打者によって救援陣を起用する方針。

牧田は「チームが勝つのが最優先。

貢献できるようにやるだけ。

任された場所でしっかりと自分のパフォーマンスを出したい」と話している。




(2018年4月16日号掲載)