SDカウンティフェア動員数147万人超

SDカウンティフェア動員数147万人超

2016年の最高記録160万人に及ばず

2018年6月17日

© Elizabeth Winterbourne / shutterstock.com

SD郡内で最大の屋外イベントとして人気の高い農産/畜産物見本市、SD・カウンティフェアの今年の入場者数 (7/3までの統計) は1,478,818人と発表された。

フェア最終日7/4の入場者数は含まれていないが、推計によると、史上最多の動員数を記録した2016年の1,609,481人には及ばないという。

米国は不況から脱出したと言われるが、米人の間では短期間で費用の安い手近なレジャーを好む傾向がみられ、ここ数年、夏季休暇の海外/遠方旅行を控えたカリフォルニア在住者の多くがカウンティフェアでのレジャーを楽しんでいるようだ。

今年のテーマは “ How Sweet It Is ” (*写真上)。

子供たちが喜ぶチョコレート、ケーキ、キャンディなどの菓子や果物などの 「甘味」 を讃える内容がプログラムに盛り込まれ、昨年同様、26日間にわたって開催された。

また、フェア恒例の家畜品評会、アートコンテスト、ホーム & ホビー、フラワー & ガーデン展示、ライド & ゲーム、12歳以下が入場無料となるキッズデイ、最終日 (独立記念日) の花火などが人気を集めた。

2016年に樹立された最多動員記録は、その年の米国独立記念日が月曜に当たり、3連休を形成して多くの家族連れを呼び込んだことが最大の要因とされている。


(2018年7月16日号掲載)