野球殿堂入りマッコビー氏死去

野球殿堂入りマッコビー氏死去

521本塁打、パドレスでもプレー

2018年11月2日

© Frank Romeo / shutterstock.com

米大リーグ、サンフランシスコ・ジャイアンツは10月31日、通算521本塁打で米国野球殿堂入りしたウィリー・マッコビー氏が闘病の末に死去したと発表した。

80歳。

1959年にジャイアンツでメジャーデビューを果たし、ナ・リーグの新人王に輝いた。

ウィリー・メイズとともに中心選手として活躍し、1968年から2年連続で本塁打、打点の2冠に輝き、1969年には最優秀選手に選ばれた。

通算成績は打率2割7分、1,555打点だった。

マッコビー氏は左投げ/左打ちの一塁手として22年間の現役生活を送り、1974年から1976年シーズン途中までパドレスに在籍した。

チームとしての成績は振るわなかったが、ネイト・コルバート (内野手)、デーブ・ウィンフィールド (外野手) などの人気選手と肩を並べ、移籍初年の1974年にはパドレス球団史上初の観客動員100万人達成の原動力となった。

*写真はジャイアンツの本拠地 AT&T パークに建てられたマッコビー氏の像



(2018年11月16日号掲載)