SD 〜ティフアナ国境域の麻薬トンネル

 

SD 〜ティフアナ国境域の麻薬トンネル

密輸薬物押収、末端価格$2960 万

2020年4月22日

サンディエゴ〜ティフアナの米墨国境をまたぐ麻薬運搬用のトンネル (坑道) から大量の密輸薬物が押収された。

地元メディアが伝えた。

この地下トンネルは全長約2,000フィート (約610メートル)、最深部31フィート (約9.5メートル)。

米国土安全保障省、米国境警備局、SD麻薬坑道調査局の協力で3月19日に発見された。

当局の発表によると、米側トンネル終点 (オータイメサ) の倉庫からマリファナ (約3,000パウンド)、コカイン (約1,300パウンド)、メタンフェタミン (861パウンド)、ヘロイン (17パウンド)、フェンタニル (2パウンド) を押収した。

末端価格は合計2960万ドル (約31億6000万円) に上るという。

1日で密輸トンネルから5種類の麻薬が押収されたのは初めて。

発見されたトンネルが建造されたのは数か月前とみられ、比較的新しいという。

トンネル内部には強化壁、換気装置、照明装置が整備されているほか、運搬用レールも敷設されるなど、驚くほど装備が充実していた。

*写真はイメージ


(2020年5月16日号掲載)