US News 米国発ニュース

米国、華為との取引禁止、ハイテク本丸に打撃

日本企業に警戒感、中国「権利守る」 と反発

2019年5月23日

 

© Cosmin Sava / shutterstock.com

トランプ政権は5月15日、中国通信機器大手の華為技術 (ファーウェイ) と米企業との取引を事実上禁止する措置を打ち出した。

米中は高速大容量の第5世代 (5G) 移動通信システムや人工知能 (AI) など最先端のハイテク技術をめぐって激しい主導権争いを展開。

米国は中国の発展戦略「中国製造2025」の本丸であるファーウェイを米市場から排除し、徹底的に打撃を与える姿勢を鮮明にした。

米国が圧力を強めればファーウェイに部品を供給している日本企業も同調せざるを得ず「業績への打撃となってしまう」 (日本国内メーカーの中堅幹部) と警戒感を強めた。

中国商務省の高峰報道官は記者会見で、安全保障を「保護貿易の道具にすべきではない」と米政権を批判し「必要な措置を取り、中国企業の合法的な権利を守る」と強調した。

米商務省は、ファーウェイと子会社に、米企業が電子部品などを政府の許可なく輸出することを禁じると発表。

さらに、トランプ氏は同社を念頭に安全保障上の脅威があると認める通信機器を米企業が使用するのを禁じる大統領令に署名した。

中国のハイテク企業をめぐっては、米商務省が昨年4月、中国の通信機器大手、中興通訊 (ZTE) が北朝鮮などに対する輸出規制に違反したとして、米企業がZTEに部品などを輸出するのを7年間にわたって禁じる制裁を発動。

部品が入手できなくなったZTEは主力製品の生産を停止し、経営危機に陥った。

商務省はZTEに比べ格段に経営規模が大きいファーウェイも同様の措置で追い込む構えだ。

中国の劉昆 (リュウ・コン) 財政相は、共産党の政治理論誌で「戦略的に鍵となる分野の技術革新を支える」との文章を発表、今後もハイテク支援を強化していく考えを示した。

米政権は昨年12月、カナダ司法当局にファーウェイ創業者の娘である孟晩舟 (モウ・ワンジョウ) 副会長を拘束するよう要請。

米国は身柄の引き渡しを要求している。

米側はあらゆる策を繰り出して揺さぶる方針だ。


(2019年6月16日号掲載)

ヘミングウェー遺産永遠に

キューバ博物館に修復施設

2019年5月9日

© Roxana Gonzalez / shutterstock.com

カリブ海の社会主義国キューバの首都ハバナ郊外にある文豪ヘミングウェー (1899-1961) がかつて住んだ家を改装した博物館「フィンカ・ビヒア」 (*写真) にこのほど、書籍や写真、手紙など約25,000点の収蔵品の修復・保存を手掛けるセンターが開設された。

キューバを愛したヘミングウェーは1939年から1960年までこの家に住み、代表作『老人と海』などを書いた。

死後の1963年、カストロ政権によって博物館に生まれ変わった。

人気の観光名所で、博物館によると昨年は約135,000人が訪れた。

複数の米民間財団などが寄付し、総工費は約120万ドル (約1億3000万円)。

修復・保存のための作業場や空調完備の倉庫を備え、現在は専門家6人が働く。

センターは観光客には公開されていない。

収蔵品のうち書籍は約9,000点で、本好きのヘミングウェーは浴室にまで蔵書を置いていたという。

グリセル・フラガ館長は「中南米随一という施設を友人らが贈ってくれたので、キューバの持つ技術を修復・保存に生かしていきたい」と話している。


(2019年6月16日号掲載)

成長の陰に知日派の貢献

米日本語クイズ大会27年

2019年5月28日


米国の高校生が日本語力をクイズで競う「ジャパンボウル」の決勝大会が4月中旬、首都ワシントン近郊で開かれ、全米から200人を超える生徒が日ごろの研鑽 (さん) 成果を披露した。

27回目を迎えた大会は、日米交流の深化を背景に平成の時代を通じて成長。

その陰には、太平洋戦争中に日本語を学んだ元米海軍要員の女性や日米関係の発展に人生を捧 (ささ) げてきた知日家らの貢献がある。

「福沢諭吉がつくった大学は?」「ことわざの『七転び八起き』を使って例文を作りなさい」。

最もやさしい「レベル2」の問題例だ。

予選を勝ち抜いた30校の生徒の中には日本人が戸惑うほどの問題にすらすら答える姿も見られた。

ジャパンボウルが初めて開かれたのは1992年。

大会会場近くにある高校で日本語教師を務めた女性ジーン・モーデン氏の発案だった。

第二次大戦中に日本語を学び、海軍情報要員として傍受した旧日本軍の通信内容の翻訳などを手がけた。

今は首都近郊のアーリントン国立墓地に、夫と共に眠る。

「敵性言語として日本語を勉強したモーデン氏が始めたことは感慨深い。

私たちには彼女の遺志を継ぐという使命感がある」。

20年以上にわたり問題作りなどで大会に関与するマーガレット・ブリアさんが語った。

夫で元駐日首席公使のウィリアム・ブリア氏も毎年出席している。

大会は1年でワシントンに最も人が集まる「全米桜祭り」に欠かせない日米交流のシンボル的な催しに成長。

モーデン氏には生前、日本から勲五等宝冠章が贈られた。

国際交流基金の調査では日本語を学ぶ米国人は2015年に約17万人と2012年比で10%近く増えた。

中国語熱などに押され日本語を学ぶ人が減ると考えるのは誤解だと指摘するのは、元国務省日本部長のジョン・マロット氏。

「言語教育は学問的であるより実践的であるべきだというモーデン氏の考えが、この大会に貫かれ成功している」と話した。




(2019年6月16日号掲載)

黒人侍の物語、映画化へ

C・ボーズマンさん主演

2019年6月1日


16世紀の日本で織田信長の家臣となった黒人のサムライとして知られる「弥助」 (やすけ) の物語が、黒人俳優チャドウィック・ボーズマンさん主演で映画化されることが決まった。

米芸能メディア「デッドライン」などが伝えた。

公開時期などは未定。

弥助の生涯は謎が多いが、アフリカ南部モザンビークで生まれ、イエズス会宣教師の奴隷として日本に来たとされる。

ボーズマンさんは「単なるアクション映画ではなく、異文化交流を描いた作品だ」と述べた。

ボーズマンさんは大ヒットを記録したSFアクション映画『アベンジャーズ エンドゲーム』 (2019) や『ブラックパンサー』 (2018) のほか、米大リーグ初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの生涯を描いた『42 世界を変えた男』 (2013) などの主演で注目を集めた実力派。

*イラストはイメージ


(2019年6月16日号掲載)

自由の女神像博物館が完成 

ニューヨーク、公開から1か月

2019年5月26日


米国を代表する観光名所で、年間約450万人が訪れるニューヨークの自由の女神像近くに、像の歴史や文化的背景を紹介する「自由の女神像博物館」が完成し、外国メディア関係者向けに公開された後、5月16日から一般公開されている。

女神像の設計や建設の様子のほか、女神像が現在、世界各地で自由の象徴となっていることを大型スクリーンの映像で紹介。

1886年の建設から100年近く使われた後に改修で交換された巨大なトーチも間近で観賞できる。

女神像を管理する米国立公園局は、これまで像の台座部分にある小さな展示スペースでゆかりの品々を見られるようにしてきたが、博物館を建設して展示内容を大幅に拡充した。

マンハッタンなどから女神像があるリバティー島と隣のエリス島行きフェリーのチケット (大人18.5ドル/約2,000円) を買えば、入場無料。




(2019年6月16日号掲載)