ポスティング新制度は12月発効か

ポスティング新制度は12月発効か

大谷移籍に利用、日米で協議中

2017年11月16日

プロ野球日本ハムの大谷翔平選手が今オフの米大リーグ移籍の際に利用し、日米両球界で改正を協議しているポスティングシステムの発効が来月初旬になる見通しとなった。

大リーグ機構 (MLB) のダン・ハレム法務担当責任者が11月15日、オーナー会議が開かれたフロリダ州オーランドで明らかにした。

AP通信によると、新制度は従来通りで、日本野球機構 (NPB) 球団が譲渡金の上限を2,000万ドル (約22億6,000万円) に設定し、支払う意思がある全てのMLB球団が選手と交渉できる。

ハレム氏はMLBとNPBでは大筋合意に達したとしている。

最終的には大リーグ選手会との合意も必要としており、11月内に会合が行われる予定。

11月16日までのオーナー会議では承認の投票を実施せず、同氏は「(選手会と合意後の) 電話会議でオーナーの承認を得られれば、新制度が発効される。

NPB球団から選手がポスティングされるのは12月初旬になる」と語った。

ポスティングシステムはNPB球団の選手が海外フリーエージェント権取得前に米球界に移籍可能な制度。

従来の制度は10月いっぱいで失効した。


(2017年12月1日号掲載)