ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂入り

ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂入り

黒人歌手の故ニーナ・シモンさんも

2017年12月15日

オハイオ州クリーブランドの「ロックの殿堂博物館」は12月13日、ロックンロールの発展などに貢献したミュージシャンらを称える2018年の「ロックの殿堂」受賞者に、米人気バンドのボン・ジョヴィ、カーズなどを選んだと発表した。

AP通信などが報じた。

英国の人気バンドのダイアー・ストレイツ、ムーディー・ブルース、人権活動家でもあった米黒人歌手ニーナ・シモンさん (故人) も選ばれた。

式典は2018年4月に行われる。

初期発展の貢献者に贈られる部門では、米ゴスペル黒人歌手のシスター・ロゼッタ・サープさん (故人) が選ばれた。

グラミー賞などと共に世界的な音楽賞とされるロックの殿堂は音楽ファンと業界関係者の投票で毎年選ばれ、海外でも関心が高い。

日本では「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」が2018年3月まで東京都内で開催している。


(2018年1月1日号掲載)