トランプ大統領、口止め料認める

トランプ大統領、口止め料認める

ポルノ女優との不倫関係は否定

2018年5月5日

トランプ大統領は5月3日、トランプ氏と不倫関係があったと主張するポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんに顧問弁護士のマイケル・コーエン氏が口止め料を支払ったことをツイッターで認めた。

口止め料はダニエルズさんの「嘘とゆすりを防止するため」 と説明し、不倫関係は重ねて否定した。

トランプ氏は口止め料が支払われたことを「知らない」と話していた。

説明を一転させたのは、口止め料をめぐるコーエン氏への捜査が進んでいることが背景にあるとされる。

口止め料は2016年大統領選の約2週間前に13万ドル (約1,400万円) が支払われた。

トランプ氏は大統領選の自陣営が支払いに関わったとの見方を否定。

コーエン氏が口止め料を支払った後に毎月の報酬の中でコーエン氏に弁済したと説明した。

連邦捜査局 (FBI) は今年4月、コーエン氏の事務所を捜索。

選挙資金関連法に違反する可能性もあるとみて、口止め料の出所などを調べているとされる。

トランプ氏がコーエン氏に口止め料を弁済していたことは、トランプ氏の弁護団に最近加わったジュリアーニ元NY市長が2日、FOXニュースのインタビューで明らかにした。


(2018年5月16日号掲載)