トランプ政権、昨年末に初の核実験、臨界前28回目

トランプ政権、昨年末に初の核実験、臨界前28回目

別の計画も、役割拡大へ、反核団体から批判も

2018年10月11日

米国が昨年12月、プルトニウムを用い、核爆発を伴わない臨界前核実験をネバダ州で実施していたことが10月10日に分かった。

エネルギー省傘下の核安全保障局 (NNSA) が四半期ごとの報告書で明らかにした。

臨界前核実験は、トランプ政権下で初めてで、米国として5年ぶり28回目。

新たに開発した技術の性能を試す実験で、今年12月にも別の新技術の性能を調べる実験を計画しているとしている。

トランプ政権は今年2月、核兵器を「使える兵器」として役割の拡大を目指す方針を発表。

今回の実験は、この構想を推進する姿勢を強く示したと言える。

北朝鮮に非核化を迫る一方、 米国内では核兵器の役割を強化するトランプ政権に、反核団体からの批判が強まりそうだ。

「ベガ」と名付けられた今回の実験は、オバマ前政権が実施した2012年12月以来。

核反応を開始させる「爆縮」 と呼ばれる過程に、通常の爆薬よりも反応が鈍く、偶発的な爆発の可能性を低くした「低感度爆薬」 を採用し、その性能を試した。

NNSAは「新設計の核兵器の有用性を確認できた」とコメントしている。

アイオワ州の反核活動家で、核実験を監視している アンドリュー キシュナー氏は、米国が北朝鮮との核問題交渉を進める中で「自国の核兵器に固執しつつ、非核化を迫るべきではない」と批判した。

臨界前核実験は、プルトニウムに爆薬で衝撃を与え、核分裂の連鎖反応が続く「臨界」にならないようにしてデータを得る。

NNSAは今年12月に計画している別の実験については、爆縮の効果を向上させるために新たに開発した核物質封じ込め用の容器を試すのが目的だと説明している。

長崎の被爆者らは12日、米国がトランプ政権下で初の臨界前核実験をしていたことに抗議し、長崎市の平和公園で座り込みをした。

座り込みを行うことにした原水爆禁止長崎県民会議などは「国際的な核兵器廃絶の流れを逆行させ、核軍拡競争を一層招きかねない」と反発している。


(2018年11月1日号掲載)