上院、共和党が勝利

上院、共和党が勝利

中間選挙、トランプ氏死守

2018年11月6日

中間選挙は11月6日に投開票され、トランプ大統領を支える与党共和党が上院で多数派を維持し、勝利した。

米主要メディアが伝えた。

同時実施の下院選は、野党民主党が8年ぶりに多数派を奪還している。

中間選挙は現職大統領の政策に国民が評価を示す場と位置づけられ、与党に厳しい結果が出ることが多い。

トランプ氏は共和党が多数派の上下両院のうち上院を死守した。

下院も過半数を維持できれば、2020年の次期大統領選での再選にも弾みがついたが、それは達成できなかった。

下院を民主党に奪われたことで、ねじれ議会で党派対立が深まり、政局が緊迫するのは必至。

ロシア疑惑をめぐり、トランプ氏の弾劾手続きに向けた動きが出る可能性がある。

トランプ氏は共和党支援のため各地で大規模集会を開き、好調な経済や不法移民対策をアピールした。

民主党はオバマ前大統領らがトランプ氏の強引な政権運営によって社会の分断が広がっていると批判し、若者や女性らの支持を集めた。

新議会は1月3日に開会。

トランプ氏が提唱するメキシコ国境の壁建設や追加減税の実現が争点となる。

下院は過半数の賛成で大統領を議会で裁く弾劾手続きを開始できる。


(2018年11月16日号掲載)