米連邦議会の新会期、歴史的な女性の政界進出

 

米連邦議会の新会期、歴史的な女性の政界進出

過去最多127人、人種も多様、日系は減る

2019年1月5日


米連邦議会の新会期、第116議会では上下両院 (計535人) の女性議員の人数が過去最多の127人となり、女性の政界進出は歴史的な節目を迎えた。

下院議長も女性のナンシー・ペロシ氏 (78) が選出された。

主に民主党で多様な民族や人種の議員が就任したが、日系米国人の議員は4人から3人に減った。

今年は女性参政権を認める合衆国憲法の修正が上院で可決されて100年で、ペロシ氏は議長選出後の演説で「節目の年に女性議長になることを誇りに思う」と語った。

新議会の女性議員は下院が102人、上院が25人。

女性議員の党別人数は民主党が106人、共和党が21人と民主党が圧倒的に多い。

下院では史上最年少のアレクサンドリア・オカシオコルテス議員 (29) が就任した。

米国では1917年に初の女性連邦下院議員のジャネット・ランキン氏が就任して以来、女性議員が少しずつ増えてきた。

昨年11月の中間選挙で女性が躍進したのは、女性問題を抱えるトランプ大統領を批判する反政権デモ「女性大行進」や性被害を訴える 「#MeToo」 (「私も」の意) 運動の広がりが背景だ。

下院では史上初となる先住民 (インディアン) の女性議員のデブ・ハーランド氏とシャリス・デービズ氏が就任。

イスラム教徒の女性で初の議員となるパレスチナ系のラシダ・トレイブ氏と元ソマリア難民のイルハン・オマル氏も就任し、多様性が高まった。

一方、日系ではハワイ州選出の下院議員だったコリーン・ハナブサ氏が新議会の開会に伴い退場した。

中間選挙で再選を目指さず、州知事選に出馬したが民主党現職のデービッド・イゲ知事に予備選で敗れていた。

2012年のダニエル・イノウエ上院議員死去に続いて日系議員がまた1人去り、日本の関係者からは惜しむ声もある。

日系議員は上院でハワイ州選出のメイジー・ヒロノ氏、下院でカリフォルニア州選出のドリス・マツイ (*写真)、マーク・タカノ両氏が新会期でも議員を務める。


(2019年1月16日号掲載)