CA州への支援打ち切り示唆

CA州への支援打ち切り示唆

トランプ氏、新知事に反発か

2019年1月3日

© amehdiza / shutterstock.com

トランプ大統領は1月9日、昨年の大規模な山火事で被害を受けたカリフォルニア州で支援を続ける連邦緊急事態管理局 (FEMA) に対し、打ち切りを命じたとツイッターに書き込んだ。

トランプ氏が問題視する州側の森林管理が改善されないためとしている。

実際に支援が打ち切られるかどうかは不明。

カリフォルニア州のギャビン・ニューソム新知事 (民主/*写真右)が7日の就任式で、トランプ政権について名指しを避けながらも「無能」呼ばわりし、対決姿勢を鮮明にしたのが理由ではないかとの臆測が広がっている。

ニューソム氏は「大惨事と復興には政治のための時間はない」と反発。

被災者を政治対立の犠牲者にはしないと強調し、対策を取る考えを示した。

米西海岸で多発する大規模な山火事について、専門家は地球温暖化が原因と主張。

だが環境保護に消極的なトランプ氏は「森林管理の問題だ」と持論を繰り返しており、双方の対立が続いている。


(2019年2月1日号掲載)