民主党勝てば社会主義国

民主党勝てば社会主義国

トランプ氏、危機感あおる

2019年3月5日

トランプ大統領が来年の大統領選での再選を狙い、自身に挑戦する民主党を「社会主義」「過激な極左」と決めつけ、攻撃を強めている。

大統領選を 「自由主義と社会主義の選択」 (ペンス副大統領) という構図に持ち込む戦略。

民主党で民主社会主義と呼ばれる左派の候補が台頭しているのは事実だが、各候補の主張は多様で、民主党は国民の危機感を煽 (あお) る政権の策略を警戒している。

「米国は決して社会主義国にならない」。

トランプ氏は3月2日、首都近郊での保守系団体の行事「保守政治行動会議 (CPAC)」で演説し、民主党が政権を取れば社会主義国になる印象を与えて保守層に団結を訴えた。

「社会主義は公正や美徳ではない。支配層のための権力だ。ベネズエラを見れば分かる」とも主張。

民主党左派が唱える地球温暖化対策は非現実的で経済を破綻 (たん) させると酷評した。

ペンス氏も前日に演説し 「社会主義国になれば米国は米国でなくなる」 と警告した。

格差是正を訴えて国民皆保険や大学教育無償化を掲げる民主社会主義は若者の間で共感が広がり、ハーバード大の調査では民主党支持層の64%が賛同。

民主党の大統領選候補で最左派のサンダース (写真右上)、ウォーレン (写真右下) の両上院議員は世論調査平均の支持率が2位と4位で、15人前後の党候補指名争いの先頭集団にいる。

サンダース氏は2日、トランプ氏の演説とほぼ同時刻にニューヨークの大学で初の選挙集会を開催。

「私は経済的に苦しい家庭で育った。高層ビルを建てる資金を親から与えられなかった」と語り、トランプ氏と違って経済的弱者の境遇が分かると強調。

「嘘 (うそ) や差別のない政府」を樹立すると述べ、若者ら約1万人の喝采を浴びた。

一方、中道派候補は民主党が左派のレッテルを貼られて中間層の支持離れが起きるのを警戒。

ハリス上院議員は格差の問題に取り組むとしながら「民主社会主義者ではない」と明言し、出馬を検討する若手のオルーク前下院議員も「私は資本主義者」と一線を画した。


(2019年3月16日号掲載)