ドジャース前田健太、5失点4敗目

ドジャース前田健太、5失点4敗目

ローテ復帰を懸けたパドレス戦

2017年7月3日

ドジャースの前田健太投手は7月2日にペトコパークで行われたパドレス戦に先発し、3回2/3を投げ、1本塁打を含む8安打5失点、1三振1四球1死球で4敗目 (6勝) を喫した。

防御率は4.56。

試合は5対3でパドレスが勝った。

前田投手は登板2日前の6月30日、7月2日のパドレス戦 (午後1時40分プレーボール) の先発に備え、サンディエゴで調整に集中していた。

「今は良い結果が出ているので継続したい」とローテーション復帰へ決意を込めていたが、不本意な内容に終わった。

メジャー2年目の今季は開幕から不振で、6月上旬に先発陣から外れ「攻めの投球が当たり前のことなのに、今年はできていなかった」と言う。

それでも、不慣れな救援で好結果を残し、他の先発を休ませる際の先発では、7回を無失点だった前回登板を含め2試合続けて好投していただけに悔やまれる。

ドジャースの6月の戦績は21勝7敗と好調だった。

前半戦が残り少ない中、前田にとって毎試合が正念場であることに変わりない。


(2017年7月16日号掲載)